2017.05.18 | ニュース

抗生物質を飲んでいたら食道にカビが生えた72歳男性

千葉大から症例報告

from The New England journal of medicine

抗生物質を飲んでいたら食道にカビが生えた72歳男性の写真

健康な人の体にも、カンジダという真菌(カビ)が住み着いています。普段は無害ですが、何かのきっかけで増殖して症状を現すことがあります。食道でカンジダが増殖し、飲み込むときの痛みから気付いた人の例が報告されました。

千葉大学医学部附属病院の医師2人から医学誌『New England Journal of Medicine』に、カンジダ性食道炎が見つかった72歳男性の症状の写真が報告されました。

この男性は2週間前から飲み込むときの痛みが続いていました。症状が始まる16か月前にびまん性汎細気管支炎と診断され、それ以来マクロライド系抗菌薬細菌感染症に対して用いられ、細菌の増殖を防ぐ、もしくは殺菌する薬。ウイルスや真菌(かび)には効果がない抗生物質微生物が産生する細胞の増殖や機能を阻害する物質。抗菌薬・抗ウィルス薬・抗がん薬を含む)の治療を続けていました。

びまん性汎細気管支炎は咳や息切れが続く原因不明の病気です。細菌感染症を起こす微生物の1つ。ウイルスと比較して10-100倍の体の大きさをもつが原因ではありませんが、マクロライド系抗菌薬を少量長期使用することで効果があることがわかっています。

 

内視鏡自在に曲がる管の先にカメラがついていて、体の奥を覗くための機械。有名なのは胃カメラや大腸カメラだが、様々な太さや用途がある検査で、食道に白いコケのようなものが線状にできているのが見つかりました。症状が見えている部分をこすり取って培養細菌、真菌やウイルスなどを、検査のために育てて増殖させること。少ない量だと確認できない病原体が、培養によって検出できるようになるすると、カンジダ真菌(かび)の一種であり、しばしば様々な部位で感染を起こす原因となるがいたことがわかりました。

カンジダはもともと元気な人にはあまり症状を起こしません。カンジダ性食道炎になりやすい状況の例を挙げます。

  • 抗菌薬の長期使用
  • 免疫病原体に対する体の防御システム。何かのきっかけで、免疫が過剰反応している状態がアレルギーで、免疫が自分自身の体を攻撃してしまうのが自己免疫疾患抑制薬やステロイド薬副腎で作られるホルモンの1つ。ステロイドホルモンを薬として使用すると、体の中の炎症や免疫反応を抑えることができるため、様々な病気の治療で用いられているを使っている
  • HIV身体の免疫にかかわる白血球に感染するウイルスで、エイズの原因となるものに長期的に感染してAIDSになった

この男性では、免疫抑制薬・ステロイド薬は使っていませんでした。HIVの検査でも陰性の結果でした。抗菌薬の長期使用が当てはまっています。

治療のため真菌病気の原因となる微生物のうち、かびの仲間のこと。細菌に対する薬である抗菌薬は効果がなく、真菌感染症には抗真菌薬が用いられるカビ病気の原因となる微生物のうち、かびの仲間のこと。細菌に対する薬である抗菌薬は効果がなく、真菌感染症には抗真菌薬が用いられるに効く薬)を2週間飲むと痛みが軽くなりました。12週間後に再び内視鏡検査をすると、白い病変病気が原因となって体に生じた、あるいは変化が起きた、その特定の部位のことがごく少なくなっているのが見えました。

治療前後の食道の写真は「参照文献」のリンク先で見られます。

 

カンジダ性食道炎が見つかった人の例を紹介しました。

カンジダは元気な人の体にも住み着いている、ごくありふれたカビです。カンジダ性食道炎のほかにも、抗菌薬の使用後に膣カンジダ症として現れるなど、病気の原因になる場合があります。

抗菌薬やステロイド薬、HIVのほか、糖尿病もカンジダの増殖につながることがあります。

ここで紹介した人は薬でよくなりました。「体にカビが生える」と聞くと怖く感じるかもしれませんが、カンジダによる病気は多くの人が経験し、多くの場合は軽症で済みます。

抗菌薬使用などに当てはまる人で気になる症状が現れたときは、まず医療機関で診察を受け、原因を調べてください。

執筆者

大脇 幸志郎


参考文献

Candida Esophagitis.

N Engl J Med. 2017 Apr 20.

[PMID: 28423304] http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMicm1614893

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。 [執筆者一覧]