2016.02.07 | ニュース

胎児に感染して成長を妨げる「サイトメガロウイルス」の症状は?

感染した子ども98人のデータから
from European journal of pediatrics
胎児に感染して成長を妨げる「サイトメガロウイルス」の症状は?の写真
(C) hywards - Fotolia.com

サイトメガロウイルスは普通の環境に住み着いていて、多くの人が一生のうちに感染します。妊娠中の感染で子どもに後遺症が起こる例も知られています。3歳までに感染が見つかった子どもについて、症状などの特徴がまとめられました。

◆3歳までの子どもの症状

研究班は、妊娠中に感染したと見られる場合を含め、サイトメガロウイルス感染症と診断された生後5日から36か月の子ども98人の診療データを、2年後までの経過を含めて集計しました。

 

◆小頭症も、完治は59.1%

症状や診察でよく見られた特徴として、次のものがありました。

  • 生後数日で自然に起こる黄疸がなかなか消えない(新生児黄疸遷延)
  • 下痢
  • 嘔吐
  • お腹が張る
  • 発疹
  • けいれん
  • 小頭症
  • 皮膚の下の出血が細かい点のように見える(点状出血)

経過の中で、症状などが完全によくなったのは対象者の59.1%でした。ほかに起こった問題として、神経・筋肉の発達の遅れ、てんかん難聴溶血性貧血赤血球が壊れて全身に酸素を届けられなくなる病気)、成長の遅れがありました。

 

サイトメガロウイルス感染症には抗ウイルス薬を使う治療法があり、子どもの後遺症を減らす効果も研究されています。こうした報告が積み重なることで、適切な診断と素早い治療に結び付くかもしれません。

執筆者

大脇 幸志郎

参考文献

Evaluation of 98 immunocompetent children with cytomegalovirus infection: importance of neurodevelopmental follow-up.

Eur J Pediatr. 2015 Aug.

[PMID: 25762027]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

MEDLEYニュース新着記事