2016.02.01 | ニュース

名古屋で発見、りんご病の大人に現れた意外な症状

3人の経過から
from Clinical medicine insights. Case reports
名古屋で発見、りんご病の大人に現れた意外な症状の写真
(C) vschlichting - Fotolia.com

伝染性紅斑(りんご病)は6歳から12歳の子どもに多く起こりますが、大人にもあり、妊娠中には流産の原因にもなります。特徴的な顔の赤い発疹が有名ですが、ほかにも多様な症状があります。血液の異常が現れた3人の例が報告されました。

◆りんご病の原因は?

伝染性紅斑の原因はパルボウイルスB19というウイルスです。症状は発熱、関節痛、筋肉痛、疲労感、むくみなどがあります。特徴的な赤い発疹は、顔にもできますが、手足にできて顔には現れない場合や、発疹がない場合もあります

またパルボウイルスB19は、伝染性紅斑のほか、妊娠中に感染すると流産胎児水腫を起こすことでも知られています。ほかの病気による貧血が同時にある場合、赤血球を作る働きが弱くなって貧血が急激に悪化することもあります。

この研究では、パルボウイルスB19の感染が原因と思われる、白血球血小板が少なくなるという典型的でない症状があった3人の患者が報告されています。

 

◆白血球が少なくなっていた3人の報告

患者Aは、40歳の女性で、39℃の発熱、全身の痛み、疲労、食欲低下があり救急治療を受けました。一度はインフルエンザの診断で帰宅しましたが、症状は軽くならず、再び入院して検査を受けました。赤い発疹はありませんでした。白血球は1,000個/μl(正常では4,000個/μl以上)に減っていました。抗体検査などの結果、パルボウイルスB19の感染と診断されました。

患者Bは、36歳の女性で、39℃の発熱、疲労、手足と胴体の赤い発疹がありました。白血球は2,000個/μl、血小板は89,000個/μl(正常は140,000個/μl以上)に減っていました。

患者Cは、31歳の女性で、のどの痛み、疲労感、手足と胴体の赤い発疹がありました。白血球は1,400個μl、血小板は106,000個/μlに減っていました。

3人とも通常の治療で回復しました。

研究班は、こうした例があることから、「したがって、伝染性紅斑の流行中に白血球減少が見られた成人患者では、たとえ皮膚の紅斑という特徴的な臨床所見がなかったとしても、白血球減少をともなうパルボウイルスB19の感染を考慮するべきである」と結論しています。

 

発疹がなくても、発熱と関節痛などの症状があれば、注意が必要な病気かもしれません。特に身近な人が妊娠しているときは、早めに病院に行って診断を受けるのがいいでしょう。

執筆者

大脇 幸志郎

参考文献

Three Adult Cases of HPV-B19 Infection with Concomitant Leukopenia and Low Platelet Counts.

Clin Med Insights Case Rep. 2015 Feb 26.

[PMID: 25780346]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

MEDLEYニュース新着記事