2015.06.04 | ニュース

過度な高血圧治療は認知症に悪影響を及ぼす?

認知機能障害を持つ患者172人を追跡
from JAMA internal medicine
過度な高血圧治療は認知症に悪影響を及ぼす?の写真
(C)Photographee.eu- Fotolia.com

認知症は、「物忘れ」「見当識障害」などの症状に代表され、高齢化の進む日本では重要な問題の一つです。また、高血圧は、未治療の例を含めると国民の40%近くが罹患しているともいわれている、最も罹患率の多い病気の一つです。今回の研究では、多くの人に関わるこの二つの病気に意外な関連性が見つかりました。高血圧の治療において血圧が低いグループの方が、認知機能低下が早かったという結果が出ています。

◆血圧と認知機能の低下との関連性を解析

診察室での血圧、家庭での血圧や降圧薬の使用の有無が認知機能低下に影響があるかどうかを解析するために、筆者らは以下の方法で研究しています。

2009年6月1日から2012年12月31日の間に、イタリアにある2つの記銘力外来にて、認知症ならびに軽度認知機能障害を持つ患者を追跡調査した。追跡期間の中央値は9ヶ月であった。認知機能の低下は、追跡開始前と追跡中のMMSEの得点の変化と定義した。

認知症または軽度認知機能障害がある患者を対象に、およそ9ヶ月にわたってその後の経過を追跡しました。
認知機能の評価には、全世界で広く使われているMMSEという30点満点の検査を用いています(日本では、長谷川式認知症スケールが頻繁に用いられます)。軽度認知機能障害の定義としては、明らかな記憶障害はあるが、日常生活や全般的認知機能は問題がない、といったことがあげられます。


◆日中血圧が低いグループでは、認知機能の低下が強かった

結果は以下の通りでした。

172人の患者を解析し、平均年齢は79歳(標準偏差5)、平均のMMSEは22.1(標準偏差4.4)だった。172人のうち、68%は認知症、32%は軽度認知機能障害を持ち、69.8%は降圧薬にて治療されていた。日中の収縮期血圧が下位1/3にあたる128mmHg以下のグループでは、MMSEの変化は平均-2.8点 (標準偏差3.8)であったのに対して、中間1/3にあたる129-144mmHgのグループでは-0.7点 (標準偏差2.5、P=0.002)、上位1/3の145mmHg以上のグループでは-0.7点(標準偏差3.7、P=0.003)と有意に128mmHg以下のグループでMMSEの変化が大きかった[...]。


以上のように、日中の血圧が128mmHg以下の良好な血圧なコントロールを達成している群では、認知機能の低下が強いことが示されました。筆者らは、「過剰な血圧の低下は、高齢者において認知機能の障害を起こしているかもしれない」と結論付けています。


一般的に、高血圧は動脈硬化を促進し、脳の血管や心臓の血管を狭くすることで、脳梗塞心筋梗塞の原因となります。これらを予防する為に降圧治療を行うわけですが、今回の研究では過度の降圧は逆に認知機能に悪いとの結果が出ました。血圧というのは平たく言えば「組織に必要な血液を届ける力」と言い換えることができます。もし低い血圧と認知機能の低下に因果関係があるならば、血圧が強すぎると動脈硬化を起こし、一方で血圧が弱すぎると、脳に必要な血液が足りなくなり認知機能に影響を与える、という説明ができるのかもしれません。過度の降圧治療による、他の臓器に対する効果を調べるとより興味深い結果が得られるかもしれません。

執筆者

石田 渉

参考文献

Effects of low blood pressure in cognitively impaired elderly patients treated with antihypertensive drugs.

JAMA Intern Med. 2015 Apr 1

[PMID: 25730775] http://archinte.jamanetwork.com/article.aspx?doi=10.1001/jamainternmed.2014.8164

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

関連記事 おすすめ 人気記事 病気について知る 病院を探す
MEDLEYニュース新着記事