れぼどぱさようぞうきょうやく(ぱーきんそんびょうちりょうやく)

レボドパ作用増強薬(パーキンソン病治療薬)

レボドパ製剤を併用している状況下で、脳内のドパミン放出促進作用などをあらわし、ドパミン作用を増強することでパーキンソン病における手足の震えや筋肉こわばりなどを改善する薬

レボドパ作用増強薬(パーキンソン病治療薬)の解説

レボドパ作用増強薬(パーキンソン病治療薬)の効果と作用機序

  • レボドパを併用している状況下で、脳内のドパミン作用を増強し、パーキンソン病における手足の震えや筋肉こわばりなどを改善する薬
    • パーキンソン病は脳内のドパミンが不足しておこる
    • 脳内でレボドパはドパミンへ変化しパーキンソン病の症状改善効果をあらわす
    • 本剤はレボドパを併用している状況下でドパミン放出促進作用などをあらわすとされる
  • ドパミンを脳内で分解してしまう酵素体内で起こる化学反応を助け、速やかに反応が進むようにする物質(MAO:モノアミン酸化酵素)の働きを抑える作用もあるとされる

レボドパ作用増強薬(パーキンソン病治療薬)の薬理作用

 

パーキンソン病では脳内のドパミンが不足することで手足の震えや筋肉のこわばりなどがおこる。

レボドパはパーキンソン病の治療で中心的な役割を果たす薬で、脳内でドパミンへ変化しパーキンソン病の症状改善が期待できる。

本剤(ゾニサミド)の作用の仕組みは完全には解明されていないが、ドパミン放出促進作用などにより、レボドパ作用の増強及び延長効果をあらわす可能性が考えられている。また脳内でドパミンを分解してしまう酵素(MAO:モノアミン酸化酵素)の作用を抑えることで、ドパミンの作用の減弱を抑える作用をあらわすとされる。

レボドパ作用増強薬(パーキンソン病治療薬)の主な副作用や注意点

  • 精神神経系症状
    • 眠気、不随意運動自身の意思とは関係なく、手足などが勝手に動いてしまうこと。脳や神経の異常で起こる抑うつ元気がなく落ち込んでいる状態や気分のこと。医学的には「抑うつ」と呼ぶ。うつ病の症状の1つだが、必ずしもうつ病で起こるとは限らない、めまい、幻覚などがあらわれる場合がある
  • 悪性症候群
    • 頻度は稀である
    • 他の原因がなく高熱が出る、汗をかく、よだれが出る、脈が速くなるなどがみられる場合がある
    • 上記のような症状が同時に複数みられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 消化器症状
    • 食欲不振、吐き気、口渇、便秘などがあらわれる場合がある

レボドパ作用増強薬(パーキンソン病治療薬)の一般的な商品とその特徴

トレリーフ

  • 本剤はレボドパ製剤と併用する
  • OD錠があり、嚥下能力の低下した患者などへのメリットが考えられる
  • 妊婦又は妊娠している可能性がある婦人へは使用してはならない

レボドパ作用増強薬(パーキンソン病治療薬)を使う主な病気

トップ