医師たちがつくる病気事典メドレー

歯周病(歯周炎、歯肉炎)

歯周病(歯周炎、歯肉炎)の基礎知識

歯周病(歯周炎、歯肉炎)とは?

  • 細菌感染により歯の周囲に炎症が起きる病気の総称(歯肉炎、歯周炎を含む)
    • 炎症が歯肉にとどまっていれば「歯肉炎」であり、周りの歯や骨に炎症が広がれば「歯周炎」となる
  • 生活習慣病の一種で、中高年であれば実に約8割がこの病気にかかっている
  • 以下が歯周病になるリスクと言われている
    • 歯垢・歯石
    • 歯ぎしり
    • 不適合な冠や義歯
    • 不規則な食習慣
    • 喫煙
    • ストレス
    • 全身疾患(糖尿病骨粗鬆症ホルモン異常)
  • 歯周病が原因で産生された炎症反応物質が血液を介して全身に広がり、循環器・呼吸器疾患や糖尿病骨粗鬆症に影響を与えると考えられている
    • 歯周病の原因となっている細菌が血液中にまで侵入して、感染性心内膜炎という重症な感染症になることがある

症状

  • 初期の症状
    • 歯肉の腫れ
    • 出血
    • 口臭
    • 噛む時に感じる違和感
  • 進行すれば歯をささえる骨を溶かし、歯がぐらぐらし始め、やがて歯が抜ける

検査・診断

  • 生活習慣の問診(状況を詳しく聞く)
  • 口の中の観察
  • X線検査
  • 噛み合わせの検査
  • 細菌培養検査

治療

  • 歯垢・歯石の除去
  • 自宅でのブラッシング
  • 本人・医療者が協力して口の中を清潔に保ち、予防・治療後の再発防止に努めることが大切である




version 7.4(β)
本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
©Medley, Inc. All Rights Reserved.