医師たちがつくる病気事典メドレー

ヘモクロマトーシス

ヘモクロマトーシスの基礎知識

ヘモクロマトーシスとは?

  • 体の中の鉄分の代謝(処理能力)が悪くなり、体の中に鉄がたまり、さまざま臓器に障害がおこる病気
  • 主な原因は遺伝性によるもの
    • そのほか、輸血や大量の飲酒が原因となる
  • 日本では少ない病気
  • 男性に多い(男性10:女性1)
    • 40〜80歳での発症が多い
  • 肝細胞がんが起こりやすい(15−30%と言われている)

症状


検査・診断

  • 肝硬変糖尿病になっているかを検査する
    • 尿検査:尿中の糖分を調べる
    • 血液検査:肝機能、血液中の糖分を調べる
  • 組織診:肝臓、胃、直腸などの細胞を取って病気にかかっているか調べる
  • 画像検査
    • 腹部CT検査:鉄がたまっている臓器を調べる
    • MRI検査:鉄がたまっている臓器を詳しく調べる

治療

  • 体内から鉄を除去する
    • 瀉血:献血のように、体の中から血液を抜く
  • 鉄キレート薬の投与
    • 鉄を体の外へ排出する薬
  • 肝硬変心不全によって肝臓、心臓の働きが悪化し、死亡につながる場合もある




version 7.4(β)
本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
©Medley, Inc. All Rights Reserved.