へるぱんぎーな
ヘルパンギーナ
夏から初秋にかけて流行し、突然の高熱、口腔内のできものや発赤を主症状とする咽頭炎で、小児に多くみられる
12人の医師がチェック 38回の改訂 最終更新: 2018.06.22

ヘルパンギーナの詳細情報

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナは子どもの代表的な夏風邪の一つで、夏から初秋にかけて、5-7歳以下の乳幼児が多くかかる感染症です。原因はエンテロウイルス属のウイルスで、突然の高熱と口内炎が出ます。ヘルパンギーナは主に症状によって診断され、検査はあまり行われません。治療は対症療法を行います。