アミロイド腎症 - 基礎知識(症状・原因・治療など) | MEDLEY(メドレー)
あみろいどじんしょう
アミロイド腎症
全身の臓器にアミロイドが沈着するアミロイドーシスという病気の中で、腎臓にアミロイドが沈着したもの
6人の医師がチェック 26回の改訂 最終更新: 2021.03.31

アミロイド腎症の基礎知識

POINT アミロイド腎症とは

アミロイド蛋白が腎臓に沈着して腎臓の機能が低下する病気です。体のむくみや尿量が減るなどの症状が現れます。原因は遺伝性、関節リウマチ、潰瘍性大腸炎などがあります。原因となる病気を治療することで改善することもありますが、腎機能低下をとめる有効な治療はなく、症状を和らげる治療が中心になります。腎臓の機能は徐々に低下していき、腎臓不全になると腎代替療法(血液透析、腹膜透析、腎移植)を行います。体のむくみなどの症状がありアミロイド腎症が心配な人は、膠原病内科腎臓内科を受診することをお勧めします。

アミロイド腎症について

アミロイド腎症の症状

  • 蛋白尿ネフローゼ症候群を経て進行すると慢性腎不全となる
  • 主な症状
    • むくみ浮腫
    • 全身のだるさ
    • 動悸
    • ふらつき
    • 下痢
    • 消化不良
    • 巨舌

アミロイド腎症の検査・診断

  • 血液検査
    • 腎臓の機能や貧血の程度を調べる
  • 尿検査
  • 超音波検査
    • 腎臓:大きさや形を観察する
    • 心臓:心アミロイドーシス合併していることがあるので心臓の機能を調べる
  • 腎生検
    • 背中から針を腎臓に刺して一部を取り出す
    • 腎臓に針を刺すことが出来ない場合は、皮膚や口腔粘膜を生検する
  • 病理学的検査
    • 生検で取り出した組織を顕微鏡で観察してアミロイドの沈着の有無を確認する
  • 原因が明らかではない場合は、多発性骨髄腫などを合併していないかどうかを調べる
  • 必要に応じて骨髄検査など原疾患を診断するための検査を追加する

アミロイド腎症の治療法

  • 原因が明らかな場合は、腎アミロイドーシスを引き起こしている病気に対する治療が行われる
  • ネフローゼ症候群合併しているときには、症状緩和のために塩分や水分の制限が必要になる
  • 慢性腎不全に至った場合、透析などの腎代替療法が行われる

アミロイド腎症のタグ

アミロイド腎症に関わるからだの部位