しょうかかんかんしつしゅよう
消化管間質腫瘍(GIST)
消化管の粘膜の下にできる腫瘍の一種
7人の医師がチェック 73回の改訂 最終更新: 2020.11.18

消化管間質腫瘍(GIST)の詳細情報

消化管間質腫瘍(GIST)

消化管間質腫瘍(GIST)は消化管(食道、胃、小腸、大腸)に発生する腫瘍です。いわゆる「がん」とは違うタイプの腫瘍ですが、放置するとサイズが大きくなったり他の臓器に転移することがあるため、「悪性腫瘍」の性質をもっていると言えます。検診などで偶然見つかり無症状であることが多いですが、サイズが大きくなると腹痛などの症状を引き起こします。治療の基本は外科手術です。手術が難しい人には薬物治療を行います。