へんけいせいようついしょう

変形性腰椎症

腰の骨が加齢にともない変形して腰痛が生じる病気

病気に関連する診療科の病院を探す
4人の医師がチェック 69回の改訂 最終更新: 2017.06.15

変形性腰椎症の基礎知識

変形性腰椎症について

  • 腰の骨が加齢にともない変形して腰痛が生じる病気
    • 脊椎背骨のこと。頚椎、胸椎、腰椎に分かれる背骨背骨のこと。頚椎、胸椎、腰椎に分かれる)の一つひとつ間にある椎間板脊柱(背骨)の椎骨と椎骨の間にあり、衝撃を緩和するクッションの役割をもった構造物(クッションの役割)の中の水分が加齢とともに失われてつぶれやすくなり、腰痛が起こる
    • 脊椎に骨棘長期的な炎症などの刺激により、骨が増殖して棘(とげ)のようになったもの。痛みを伴うこともあるが、無症状のこともある(変形して飛び出した部分)ができ、この骨棘が周囲の神経を刺激して痛みを出す場合もある
  • 主な原因
    • 加齢
    • 悪化させる要因:重労働、遺伝的素因

変形性腰椎症の症状

  • 腰痛:動作時に強い痛みが現れ、動き出すと軽減
  • 腰のだるさ
  • 臀部痛
  • 側わん:背骨背骨のこと。頚椎、胸椎、腰椎に分かれるが側方に曲がる
  • 後わん:背骨が後凸に曲がる
  • 足のしびれや冷え
  • 運動障害

変形性腰椎症の検査・診断

  • 腰部レントゲンX線(放射線)を使って、体の中の状態を簡易的に調べる画像検査検査:背骨背骨のこと。頚椎、胸椎、腰椎に分かれるの曲がり度合いを調べる
  • 画像検査:脊髄脳から脊椎の中へ向かって通っている太い神経。脳と体の各部位を行き来する指令を伝える役割をもつ神経の圧迫・損傷度合いを調べる
    • CTX線(放射線)を用いて、体の内部を画像化して調べる検査検査
    • MRI磁力(電磁波)を用いて、脳や内臓、筋肉、骨などの組織を詳しく調べる検査検査

変形性腰椎症の治療法

  • 手術を行わないかぎり根本的な治療は困難のため、保存療法手術のような体に負担の強い治療を行わずに治るのを待つ、もしくは経過を観察する方法。薬による治療やリハビリなど、体を直接傷つけないような治療を含む対症療法病気による症状自体を抑えるための治療。病気の根本の原因を治す治療(根本治療)と区別されるが基本となる
    • 薬物療法:痛み止め、筋弛緩薬
    • 神経ブロック神経の根本に局所麻酔を注射することで、そこより先の神経を麻痺させて、痛みを取り除く処置注射:痛みを和らげる
    • 装具療法:コルセットで腰の負担を和らげる
    • 温熱療法:腰を温める
    • 電気療法
  • 予防、再発予防方法
    • 長い時間立つときは、ちょっとした段差に片足を置く
    • 座るときは背筋を伸ばし、椅子に深く座る
    • 軽い体操やストレッチ
    • 腹筋、背筋の腰回りの筋肉を鍛える

変形性腰椎症に関連する治療薬

アセトアミノフェン製剤

  • 脳の体温調節中枢や中枢神経などに作用して熱を下げたり、痛みを抑えたりする薬
    • 発熱は体内で発熱の情報が脳の体温調節中枢に伝達されて生じる
    • アセトアミノフェンは体温調節中枢に作用し、熱を体外へ逃がす作用を増強する
    • アセトアミノフェンは発熱や痛みの情報を伝える物質を阻害する作用をあらわす
アセトアミノフェン製剤についてもっと詳しく

変形性腰椎症に含まれる病気


変形性腰椎症のタグ


変形性腰椎症に関わるからだの部位