へんけいせいようついしょう
変形性腰椎症
腰の骨が加齢にともない変形して腰痛が生じる病気
4人の医師がチェック 69回の改訂 最終更新: 2017.06.15

変形性腰椎症の基礎知識

変形性腰椎症について

  • 腰の骨が加齢にともない変形して腰痛が生じる病気
    • 脊椎背骨)の一つひとつ間にある椎間板(クッションの役割)の中の水分が加齢とともに失われてつぶれやすくなり、腰痛が起こる
    • 脊椎に骨棘(変形して飛び出した部分)ができ、この骨棘が周囲の神経を刺激して痛みを出す場合もある
  • 主な原因
    • 加齢
    • 悪化させる要因:重労働、遺伝的素因

変形性腰椎症の症状

  • 腰痛:動作時に強い痛みが現れ、動き出すと軽減
  • 腰のだるさ
  • 臀部痛
  • 側わん:背骨が側方に曲がる
  • 後わん:背骨が後凸に曲がる
  • 足のしびれや冷え
  • 運動障害

変形性腰椎症の検査・診断

  • 腰部レントゲン検査:背骨の曲がり度合いを調べる
  • 画像検査:脊髄神経の圧迫・損傷度合いを調べる
    • CT検査
    • MRI検査

変形性腰椎症の治療法

  • 手術を行わないかぎり根本的な治療は困難のため、保存療法対症療法が基本となる
    • 薬物療法:痛み止め、筋弛緩薬
    • 神経ブロック注射:痛みを和らげる
    • 装具療法:コルセットで腰の負担を和らげる
    • 温熱療法:腰を温める
    • 電気療法
  • 予防、再発予防方法
    • 長い時間立つときは、ちょっとした段差に片足を置く
    • 座るときは背筋を伸ばし、椅子に深く座る
    • 軽い体操やストレッチ
    • 腹筋、背筋の腰回りの筋肉を鍛える

変形性腰椎症に関連する治療薬

アセトアミノフェン製剤

  • 脳の体温調節中枢や中枢神経などに作用して熱を下げたり、痛みを抑えたりする薬
    • 発熱は体内で発熱の情報が脳の体温調節中枢に伝達されて生じる
    • アセトアミノフェンは体温調節中枢に作用し、熱を体外へ逃がす作用を増強する
    • アセトアミノフェンは発熱や痛みの情報を伝える物質を阻害する作用をあらわす

アセトアミノフェン製剤についてもっと詳しく


変形性腰椎症が含まれる病気


変形性腰椎症のタグ


変形性腰椎症に関わるからだの部位

MEDLEYニュース新着記事