にっこうかくかしょう
日光角化症
日光などの紫外線を浴び続けて来たことによって発症する皮膚の変化。有棘細胞がんの初期変化として考えられている
5人の医師がチェック 96回の改訂 最終更新: 2017.12.06

日光角化症の基礎知識

日光角化症について

  • 日光などの紫外線を浴び続けて来たことによって発症する皮膚の病気
    • 老人性角化腫ともよばれる
  • 人口10万人あたり100-120人
    • 50歳代から見られ、70歳以上に圧倒的に多い
    • 女性に多く見られる
  • 早期の皮膚癌有棘細胞がん)であるが、表皮にとどまっているため、すぐに進行して命に関わることはない

日光角化症の症状

  • 痛みやかゆみなどの自覚症状はほとんどない
  • 主な皮膚の症状
    • 皮膚の表面がカサカサして赤くなる
    • かさぶたができる
    • 径1-3cmの円形で輪郭のぼやけた発疹
  • 顔面や手の甲など日光のよく当たるところに発生しやすい
  • 老人性のいぼと間違われることが多い

日光角化症の検査・診断

  • 生検:皮膚を一部とって顕微鏡検査で診断する
    • 見た目だけでは普通の湿疹やしみなどと区別しにくいため、皮膚の一部を切り取って顕微鏡で調べる

日光角化症の治療法

  • 基本的な治療は外科的な治療とそれ以外に分けられる
  • 外科治療
    • 手術による切除
      ・取りきることができる
      ・一部皮膚の深いところまで浸潤していることが疑われる場合は特に手術が勧められる
  • 非観血的治療(手術以外)
    • 凍結療法
    • イミキモド(商品名ベセルナクリーム)
    • 5-FU軟膏
    • 多発することもあり、手術で取りきることが現実的でない場合も多い
    • 薬物療法でも多くのケースで完治が期待できる
    • 塗り薬の副作用で皮膚があれてびらん、痛みが出ることがあるが、治療に伴うものであるため頻度
        を調節して継続する
  • 予防法
    • 直射日光を避け、紫外線を浴びすぎないことが予防の基本
      日焼け止め(SPF20以上)
      ・色が濃く長袖の衣類
      ・日傘
      ・帽子(つばの長いもの)
    • 治ったように見えても繰り返すことが多く、新しくできることもあるので、定期健診が勧められる

日光角化症のタグ

診療科
からだ

日光角化症に関わるからだの部位

医師登録をしてMEDLEYの編集に協力する