さるこいどーしす
サルコイドーシス
全身の臓器に肉芽腫(免疫細胞の集まり)ができる病気。原因は不明。主に、肺、眼、皮膚、心臓などの臓器にダメージが生じる
10人の医師がチェック 202回の改訂 最終更新: 2020.02.05

サルコイドーシスの詳細情報

サルコイドーシス

サルコイドーシスは「肉芽腫(にくげしゅ)」と呼ばれるしこりが身体のさまざまな場所にできる病気です。息苦しさや物の見えにくさ、皮膚のしこりなど多彩な症状があらわれます。薬物治療にはステロイド薬が用いられます。難病にも指定されており、医療費助成を受けられる場合があります。