せなかのいたみ
背中の痛み

背中の痛みの基礎知識

概要

背中の痛みの原因は、脊椎圧迫骨折などの整形外科の病気、腎盂腎炎などの感染症、膵炎などお腹の病気、大動脈解離などの血管の病気、帯状疱疹など皮膚の病気と様々な種類があります。観察のポイントは、発熱、痛みは突然起きたか、背骨を叩くと痛いか、皮膚に発疹はできていないかといった点です。

原因とメカニズム

背中の痛みを引き起こす部位はたくさんあります。皮膚、脊椎脊髄、筋肉、腎臓や膵臓などのお腹の臓器、大動脈などの血管があります。

考えられる病気

背中から胸にかけてピリピリと痛い

肋間神経痛帯状疱疹が考えられます。

赤くなって水泡ができている

帯状疱疹が考えられます。

背骨を軽く叩くとひびく

脊椎圧迫骨折脊椎分離症などの可能性があります。

筋肉が張っている、筋肉を押すと痛い

筋肉の緊張による痛みの可能性があります。

突然片側の腰の辺りが痛くなった

尿路結石の可能性があります。

熱がある、尿が濁っている

腎盂腎炎の可能性があります。

怖い病気

大動脈解離

突然背中が痛くなり、だんだん痛みが腰の方に移動した場合、大動脈解離の可能性があります。痛みが強くて冷や汗が出るような場合は、すぐに救急車を呼んでください。

受診の目安

・突然痛くなった
・冷や汗が出ている
・赤くなって水泡が出ている
・背骨を軽く叩くとひびく
・発熱している

診療科

一般内科・総合診療科

背中の痛みが骨や筋肉ではなさそうな場合、よく分からない場合は一般内科が適しています。

整形外科

背骨を軽く叩くとひびく場合は、手足がしびれている、手足が動かしにくいといった症状があるときは、整形外科が適しています。

皮膚科

皮膚が赤くなって水泡ができている場合は、帯状疱疹の可能性があります。皮膚科が適しています。

検査

脊椎MRI検査

脊椎圧迫骨折や変形性脊椎症、脊椎分離症脊椎すべり症などの病気が診断できます。

胸腹部CT検査

大動脈解離、膵炎、尿路結石腎盂腎炎など胸やお腹の病気の診断の役に立ちます。

血液検査

体の炎症の度合いや膵臓の機能をみることで、腎盂腎炎や膵炎の診断の役に立ちます。

尿検査

尿路結石腎盂腎炎の診断の役に立ちます。

治療

原因に応じて治療が行われます。

痛みに対してはNSAIDsなどの痛み止めが使われます。

セルフケア

姿勢が悪かったり、運動不足が原因で背中の筋肉が張り、痛くなることがあります。運動、ストレッチ、入浴、マッサージなどで筋肉を柔らかくすることで、改善します。