2016.02.21 | ニュース

島根県の人はマダニに噛まれて肉アレルギーになっている?

アレルギー患者の抗体を検査
from Allergy
島根県の人はマダニに噛まれて肉アレルギーになっている?の写真
(C) nata777_7 - Fotolia.com

日本紅斑熱は、マダニが媒介する感染症です。日本紅斑熱が多い島根県では食肉のアレルギーも多いことから、マダニと食肉アレルギーの関係が検討されました。

◆フタトゲチマダニもアレルギーを起こすのか?

マダニの仲間には、α-Galという酵素を持っていることにより、食肉アレルギーを引き起こすものがあります。噛まれた人の体内で過剰な免疫反応が起こることにより、アレルギーの症状が現れます。

島根大学などの研究班は、島根県で日本紅斑熱を媒介するフタトゲチマダニも食肉アレルギーの原因になるかどうかを調べました。

 

◆アレルギーの人はフタトゲチマダニに反応していた

フタトゲチマダニの唾液腺を調べたところ、α-Galが見つかりました。また、食肉アレルギーがある人を調べると、30人中24人からフタトゲチマダニの唾液腺に対する抗体が見つかりました。つまり、フタトゲチマダニに対する免疫反応が起こっていました。

これらの結果から、研究班は「α-Galを含むダニの唾液腺のタンパク質に感作されることは、赤肉アレルギーの主要な病因である可能性がある」と推定しています。

執筆者

大脇 幸志郎

参考文献

Haemaphysalis longicornis tick bites are a possible cause of red meat allergy in Japan.

Allergy. 2016 Mar.

[PMID: 26551325]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

MEDLEYニュース新着記事