2015.12.22 | ニュース

なぜ、そばを食べてはいけないと思ったのですか?

463人の調査から

from Arerugī = [Allergy]

なぜ、そばを食べてはいけないと思ったのですか?の写真

そばは食物アレルギーの原因になることがありますが、全ての食物アレルギーに関係しているわけではありません。食物アレルギー患者を対象にした聞き取り調査で、食べないようにしているものがあるか、またその理由が調べられました。

◆食べない理由は?

食物アレルギーがあり受診した1歳以上の患者463人の保護者に、質問票を使った調査が行われました。質問票では、特定の食品を食べさせないようにしているか、またその理由が質問されました。

鶏卵、牛乳、小麦、大豆、米、そば、ピーナッツ、ゴマ、エビについて質問され、理由として医師の指示、家族の判断、ふだん食べないから、という選択肢が提示されました。

質問票に加えて、血液検査によりアレルギー免疫反応によって、体が過剰な防御反応を起こして悪影響が生じてしまう状態に関わる抗体白血球が作り出す、免疫の一部を担う物質。体内の病原体に付着して、他の免疫細胞の働きを助けたりするの量が調べられました。

 

◆医師の指示なくそばを食べない人で、検査陽性は46%

鶏卵、牛乳、小麦を食べさせないと答えた人のうちでは、83%以上の人が、医師の指示が理由と答えました。しかし、そばを食べさせないと答えた人のうちでは、医師の指示が理由と答えた人は49%未満でした。医師の指示以外の理由でそばを食べない患者のうち、そばアレルギーの抗体検査で陽性の結果が出た人は46%でした

 

そばアレルギーはまれにアナフィラキシーによる重い症状を起こすこともあり、危険性がある人はそばを避けるべきです。しかし、アレルギーが心配でそばを食べないようにしている人のうちには、実際はアレルギーがない人もいるのかもしれません。

心配に思ったら、まず医師に相談してみることで、過剰に気にすることなく済むかもしれません。

執筆者

大脇 幸志郎


参考文献

当科の食物アレルギー患者における食物完全除去の理由

アレルギー, 2015年5月

[PMID: 26108754]

*本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。 [執筆者一覧]