2015.12.23 | ニュース

C型肝炎は関節の手術をした後どうなりやすいか?

32,176人を分析
from The Journal of bone and joint surgery. American volume
C型肝炎は関節の手術をした後どうなりやすいか? の写真
(C) krishnacreations - Fotolia.com

C型肝炎は、肝不全につながり命に関わることもある病気です。今回の研究では、C型肝炎があると手術後の経過を悪くする可能性を検証しました。

◆C型肝炎がある人は手術後どうなりやすいか?

今回の研究は、股関節または膝関節の人工関節置換術を行った32,176人を対象に、C型肝炎発症している人としていない人で、手術後の特徴に違いがあるか検証しました。

 

◆C型肝炎があると合併症、入院日数が増える

次の結果が得られました。

マッチさせた対照群と比較して、C型肝炎があった患者では、合併症全体のリスクを30%(95%信頼区間17-44%、p<0.001)、内科的合併症を15%(95%信頼区間2-30%、p=0.025)、外科的合併症を78%(95%信頼区間49-112%、p<0.001)増やし、平均在院日数が14%長かった(95%信頼区間12-15%、p<0.001)。

C型肝炎があると、人工関節置換術の後に合併症(手術にともなって起こる問題)が増え、入院日数も増えました

 

感染症が手術後の経過を不良にするということは言われていましたが、C型肝炎でも類似した結果でした。因果関係については確かには述べられませんが、C型肝炎があると入院日数が延びる可能性があることには留意しておいても良いかもしれません。

執筆者

Shuhei Fujimoto

参考文献

The Impact of Hepatitis C on Short-Term Outcomes of Total Joint Arthroplasty.

J Bone Joint Surg Am. 2015 Dec 2

[PMID: 26631996]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

MEDLEYニュース新着記事