2015.10.28 | ニュース

熱性けいれん発症前の発熱が短く、体温が低い場合、再発の危険性が増す

アメリカの研究チームが347名の子どもを分析
from The New England journal of medicine
熱性けいれん発症前の発熱が短く、体温が低い場合、再発の危険性が増す の写真
(C) Silroby - Fotolia.com

『熱性けいれん診療ガイドライン2015』では、熱性けいれんの再発危険性が増す特徴のなかに、短時間の発熱と発作間隔、発作時体温が低いことを挙げています。その根拠のひとつとなる1992年の論文を紹介します。

◆熱性けいれんの再発に関連する要因を検証

月齢1ヶ月から10歳までの子ども347名を対象に、両親から情報を聴取し、熱性けいれんの再発に関連する要因を検証しました。

 

◆熱性けいれんの初回発症前の発熱期間が再発する確率に関連する

以下の結果が得られました。

初回の熱性けいれん前の発熱時間が、1年時点での再発リスクに関連していた。

発熱が1時間続かない場合は再発リスクは44%、発熱時間が1時間から24時間では23%、24時間以上続くと13%であった(p<0.001)。

発作時体温が華氏101度(38.3℃)から華氏105度(40.6℃)以上まで華氏1度上昇するごとに、1年時点の再発リスクが35%から30、26、20、13%と減少した(p trend=0.024)。

初回の熱性けいれん前の発熱時間の短さ、体温の低さが、熱性けいれんの再発する危険性が高いことと関連していました

 

この結果も踏まえて、『熱性けいれん診療ガイドライン2015』では、熱性けいれんを再発する確率を上げる要因として以下の4つを挙げています。

  • 両親いずれかの熱性けいれん家族歴
  • 1歳未満の発症
  • 短時間の発熱、発作間隔(概ね1時間以内)
  • 発作時体温が39℃以下

これらのうちのいずれかが見られた場合、再発の確率は2倍以上になると記載されています。

執筆者

Shuhei Fujimoto

参考文献

A prospective study of recurrent febrile seizures.

N Engl J Med. 1992 Oct 15

[PMID: 1528207]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。


MEDLEYニュース新着記事