2015.11.02 | ニュース

妊娠中に喫煙していた人の子どもに、3歳以降で現れた違いとは?

横断的研究により検証
from Pediatric obesity
妊娠中に喫煙していた人の子どもに、3歳以降で現れた違いとは?の写真
(C) VadimGuzhva - Fotolia.com

喫煙は、身体に様々な悪影響を及ぼすことが知られています。妊婦さんの喫煙は自分の身体のみならず、生まれてくる子どもにも影響を及ぼす可能性があります。今回、妊娠中の喫煙と3-10歳の子どもの肥満などの関連について調べました。

◆母親の喫煙と子どもの肥満の関連を検証

研究には、ポルトガルにおける学童児の横断データ(2009-2010年)が用いられました。

方法は以下の通りです。

私たちは、すべての年齢範囲にわたる母親の喫煙と肥満(17,286人)、血圧、安静時の脈拍数(約2,500人)の関連を調べるために、出生前と若年性の要因を調整した分位点回帰を適用した。

 

◆妊娠中の喫煙で子どもの肥満が増加

結果を以下に示します。

喫煙者の子どもと非喫煙者の子どものBMIの中央値は、男児で0.39km/m2(95%信頼区間:0.25-0.53)、女児で0.46 km/m2(95%信頼区間:0.31-0.62)の差があった。

この結果は、妊娠中に喫煙をしていた母親の子どもは、喫煙していなかった母親の子どもよりBMI(身長÷体重の2乗)が大きかったことを示しています。

 

研究の結果は、妊婦の喫煙が子どもの肥満に影響がある可能性を示しています。しかし、喫煙そのものが肥満の直接的な原因であるか否かは、今回の研究から断定することは出来ないため、結果の解釈には注意が必要かもしれません。

執筆者

NK

参考文献

Maternal smoking in pregnancy association with childhood adiposity and blood

pressure.

Pediatr Obes. 2015

[PMID: 26178147]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

MEDLEYニュース新着記事