ニューキノロン系抗菌薬を使用する主な病気(肺炎、腎盂腎炎)など | MEDLEY(メドレー)
ニューキノロン系抗菌薬
細菌の増殖に必要な酵素を阻害して殺菌的に抗菌作用をあらわす薬

ニューキノロン系抗菌薬を使う主な病気

  • 肺炎

    細菌やウイルスの感染、薬剤、アレルギーの影響などが原因となって、肺の炎症により息切れなどを起こす。子どもや高齢者では入院になりやすい
    胸(肺・心臓・その他)
    一般内科
    呼吸器内科
    感染症内科
  • 腎盂腎炎

    腎臓と尿管のつなぎ目にあたる「腎盂」に炎症が起こった状態。原因のほとんどは細菌感染である。
    全身・その他
    背中・腰・腎臓・膵臓・その他
    一般内科
    感染症内科
    腎臓内科
    泌尿器科
  • クラミドフィラ肺炎

    クラミドフィラ・ニューモニエという微生物の感染による肺炎。性感染症で有名なクラミジアとは別のクラミジアによる感染症
    首・のど
    胸(肺・心臓・その他)
    一般内科
    呼吸器内科
    感染症内科
    小児科
  • 子宮付属器炎

    卵巣と卵管(子宮と卵巣をつなぐ管)に炎症が起こっている状態。主には細菌やクラミジアなどの感染によって起こる
    全身・その他
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    感染症内科
    産婦人科
  • マイコプラズマ肺炎

    マイコプラズマという細菌が起こす肺炎。症状に熱、咳、皮疹など。20代以下に多いが高齢者にもうつる。抗生物質が有効。重症例は稀。
    全身・その他
    首・のど
    胸(肺・心臓・その他)
    一般内科
    呼吸器内科
    感染症内科
    小児科
  • 細菌性赤痢(疫痢)

    赤痢菌という細菌によって引き起こされ、下痢を主な症状とする病気
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器内科
    感染症内科
  • 骨盤内炎症性疾患(PID)

    子宮や卵巣及び卵管といった女性特有の骨盤内臓器に炎症を起こす病気の総称
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    感染症内科
    産婦人科
  • レジオネラ肺炎

    非定型肺炎の一種。温泉などの水の中で繁殖した細菌を吸い込むことで感染し、重症肺炎を起こしやすい。
    全身・その他
    頭・顔・口
    胸(肺・心臓・その他)
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    筋肉
    呼吸器内科
    感染症内科
  • 腸チフス、パラチフス

    サルモネラ菌による感染症であり高熱、下痢または便秘を引き起こす
    全身・その他
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器内科
    感染症内科
  • 尿路感染症(総論)

    腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎といった、尿の通り道に炎症が生じる感染症の総称
    全身・その他
    背中・腰・腎臓・膵臓・その他
    一般内科
    感染症内科
    泌尿器科
  • 細菌性肺炎(総論)

    細菌感染が原因で起こる肺炎。様々な原因菌や分類があり、治療は抗菌薬(抗生物質)が用いられる。
    胸(肺・心臓・その他)
    一般内科
    呼吸器内科
    感染症内科