陽イオン交換樹脂製剤(血清カリウム抑制剤)
腸管内で薬剤に含まれる陽イオンをカリウムイオンと交換しカリウムイオンを排泄させて血液中のカリウム値を下げる薬

陽イオン交換樹脂製剤(血清カリウム抑制剤)の解説

陽イオン交換樹脂製剤(血清カリウム抑制剤)の効果と作用機序

  • 腸管内で薬剤のもつ陽イオンをカリウムイオンと交換しカリウムイオンを排泄させて血液中のカリウム値を下げる薬
    • 慢性腎不全では腎機能低下により血液中のカリウム値が高くなりやすくなる
    • 血液中のカリウム値が高いままだと高カリウム血症がおこりやすくなる
    • 本剤は腸管内でカリウムイオンを本剤のもつ陽イオンと交換し、体外へ排泄させる樹脂製剤

陽イオン交換樹脂製剤(血清カリウム抑制剤)の薬理作用

慢性腎不全では腎臓の機能低下により血液中のカリウム値が高くなるなどの症状があらわれる。血液中のカリウム値が高い状態のままでは、高カリウム血症により筋力の低下、吐き気、しびれなどがあらわれ、場合によっては不整脈などを引き起こすこともある。

本剤は腸管内で本剤成分がもつ陽イオン(カルシウムイオンやナトリウムイオン)と腸管内のカリウムイオンが交換され、ポリスチレンスルホン酸樹脂としてそのまま糞便中に排泄される。これにより、腸管内カリウムイオンが体外へ排泄され、結果として血液中のカリウム値が低下する。

陽イオン交換樹脂製剤(血清カリウム抑制剤)の主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 便秘、吐き気、食欲不振などがあらわれる場合がある(便秘は主に経口投与した場合)
    • 潰瘍腸閉塞イレウス)などに注意が必要となる場合がある
  • アルミニウム、マグネシウム又はカルシウムを含有する製剤との併用に関して
    • 本剤のもつ陽イオンと上記製剤の陽イオンが交換され、本剤の効果が減弱する可能性がある

陽イオン交換樹脂製剤(血清カリウム抑制剤)の一般的な商品とその特徴

カリメート

  • ポリスチレンスルホン酸カルシウム製剤
  • 本剤のもつカルシウムイオンと腸管内のカリウムイオンを交換させる製剤
  • 散剤、ドライシロップ剤、液剤(経口液)があり用途や服薬状況などによって選択される
    • 散剤は経口投与の他、注腸投与で使用する場合もある
  • カリメート経口液に関して
    • 通常の製剤(ノンフレーバー製剤)とフレーバー製剤(オレンジフレーバー、アップルフレーバー)があり服薬状況などによって選択が可能

アーガメイト

  • ポリスチレンスルホン酸カルシウム製剤
  • ゼリー剤、顆粒剤があり服薬状況などによって選択が可能
    • ゼリー剤の服薬補助の為のフレーバー(アーガメイトゼリー専用フレーバー)がある

ケイキサレート

  • ポリスチレンスルホン酸ナトリウム製剤
  • 本剤のもつナトリウムイオンと腸管内のカリウムイオンを交換する製剤
  • 散剤、ドライシロップ剤があり用途や服薬状況などによって選択される
    • 散剤は経口投与の他、注腸投与で使用する場合もある
  • 本剤のナトリウムイオンの影響による浮腫や血圧上昇などに注意する