ステロイド薬・β2刺激薬配合剤(吸入薬)
気管支やの炎症により気道が狭くなっている喘息やCOPDに対して、気道の炎症を抑え気道を拡張することで、咳や息苦しさなどを改善する薬

ステロイド薬・β2刺激薬配合剤(吸入薬)の解説

ステロイド薬・β2刺激薬配合剤(吸入薬)の効果と作用機序

  • 気管支やの炎症により気道が狭くなっている喘息COPDに対して、気道の炎症を抑え気道を拡張することで、咳や息苦しさなどを改善する薬
    • ステロイドの抗炎症作用により、気管支や肺の炎症を抑え呼吸症状を改善する
    • 気管支のβ2受容体というものを刺激し、気管支が拡張し呼吸症状を改善する
    • 本剤は吸入ステロイド薬と吸入β2刺激薬の配合薬となっている
  • 製剤毎に使用方法などが異なる
    • 適切な吸入指導や使用方法などの十分な理解が必要となる
    • 剤形には吸入様式により、エアゾール剤やドライパウダー剤がある

ステロイド薬・β2刺激薬配合剤(吸入薬)の薬理作用

 

喘息やCOPDでは気管支や肺の炎症などで気道が狭くなっていて、咳の発作や息苦しさなどの呼吸器症状があらわれる。

ステロイドは抗炎症作用などをもち、気管支や肺の炎症などを抑え呼吸症状を改善する。

気管支にβ2受容体というものがあり、気管支の拡張に関わっている。β2刺激薬はβ2受容体を刺激し、気管支を拡張させ呼吸器症状を改善する。

本剤は吸入ステロイド薬と吸入β2受容体刺激薬を合わせた配合薬となっていて、喘息治療の他、薬剤によってはCOPDの治療にも用いられる場合がある。

ステロイド薬・β2刺激薬配合剤(吸入薬)の主な副作用や注意点

  • 口腔、呼吸器の症状
    • 不快感、刺激感、嗄声(しわがれ声)、口腔・呼吸器カンジダ症などがあらわれる場合がある
  • 循環器症状
    • 頻度は稀だが動悸不整脈などの症状があらわれる場合がある
  • 過敏症
    • 頻度は稀だが発疹蕁麻疹などの症状があらわれる場合がある
  • 吸入後のうがいに関する注意
    • 口腔内カンジダ症などの予防のため、吸入後はうがいを行う
    • うがいが困難である場合は口腔内をすすぐこと

ステロイド薬・β2刺激薬配合剤(吸入薬)の一般的な商品とその特徴

アドエア

  • 剤形にディスカス(ドライパウダー剤)とエアゾール剤がある
  • フルタイドの成分とセレベントの成分を配合した製剤

シムビコート

  • パルミコートの成分とβ2刺激薬を配合したドライパウダー剤
  • 発作の予防的使用に加えて、β2刺激薬の作用発現が早いため発作時にも対応できるとされる
  • 喘息の他、COPDなどに使用される場合もある

フルティフォーム

  • 剤形はエアゾール剤
  • 大きなレバーで操作をサポートする補助具(フルプッシュ)があり、医療機関などで配布される場合もある

レルベア

  • 1日1回の吸入で24時間呼吸改善効果が持続するドライパウダー剤