えすじょうけっちょうじくねんてん
S状結腸軸捻転
大腸のS状結腸という部分でねじれて、腸が詰まり血流が悪くなってしまった状態。腸に穴が開くなど重篤化することがある
3人の医師がチェック 43回の改訂 最終更新: 2017.12.06

S状結腸軸捻転の基礎知識

POINT S状結腸軸捻転とは

S状結腸軸捻転はS状結腸がねじれることで腸に閉塞や虚血が起こる病気です。腸に穴が空くことがあり、穴が空いた場合は腹膜炎が起こり重篤になります。主な症状は腹痛・吐き気・嘔吐・便秘などになります。 症状や身体診察に加えて、血液検査・X線検査・CT検査・超音波検査を用いて診断します。治療には内視鏡を用いた整復術とお腹を開ける手術があります。S状結腸軸捻転が心配な人や治療したい人は、消化器内科・消化器外科・内視鏡科を受診して下さい。

S状結腸軸捻転について

  • 大腸のS状結腸という部位でねじれて、腸が閉塞したり、血管が閉塞して虚血になる病気
    • 捻転とはねじれること
    • S状結腸はお腹の左下にあり、手前の下行結腸と先の直腸の間でS字型に曲がっている
    • 下行結腸と直腸は周りの組織によって固定されているが、S状結腸は動きやすくねじれやすい
  • 初期の症状は腹痛や吐き気・嘔吐で、ねじれた影響で血流が悪くなると腸が壊死して穴が空いて重篤化しやすい
  • 大腸の捻転の中で最も頻度が高い

S状結腸軸捻転の症状

  • 初期の症状
    • 腹痛
    • 吐き気、嘔吐
    • 腹部膨満
    • 便秘・排ガス(おなら)の停止
  • 重症化した場合の症状
    • 虚血により腸が壊死したり、穴が空いて腹膜炎になる
    • 腸内の細菌が血管内に侵入して敗血症になると、非常に重篤化する

S状結腸軸捻転の検査・診断

  • 腹部レントゲンX線写真)検査
    • 行き止まりになってふくらんだ腸を確認する(coffee bean sign:お腹に溜まったガスがコーヒー豆のように見える)
    • 腸に穴が空いて、腹部に漏れだした空気を確認する
  • 腹部CT検査
    • 腸のねじれそのものが確認できる
    • 造影CT検査では血流や重症度が評価できる
  • 腹部超音波検査
    • 膨らんでいる腸を確認する

S状結腸軸捻転の治療法

  • 大腸内視鏡により捻れを解除する
    • 大腸内視鏡を用いた解除をした後に再発することも多い
  • 大腸内視鏡でねじれを解除するのが難しい場合や、虚血により腸が壊死したり穴が空いたりした場合は、腸を切除する手術を行う

S状結腸軸捻転が含まれる病気

S状結腸軸捻転のタグ

S状結腸軸捻転に関わるからだの部位

医師登録をしてMEDLEYの編集に協力する