[医師監修・作成]食道裂孔ヘルニアの原因とタイプについて:滑脱型、傍食道型、混合型 | MEDLEY(メドレー)
しょくどうれっこうへるにあ
食道裂孔ヘルニア
横隔膜の一部には食道が通る穴が空いており、この穴から胃が上側に引っ張られてはまり込んだ状態
6人の医師がチェック 89回の改訂 最終更新: 2021.06.04

食道裂孔ヘルニアの原因とタイプについて:滑脱型、傍食道型、混合型

食道裂孔ヘルニアの原因ははっきりと分かっていませんが、加齢や肥満が関連していると言われています。ほとんどの食道裂孔ヘルニアは、胃と食道のつなぎ目が上にずれ込む「滑脱型」と呼ばれるタイプです。

1. 食道裂孔ヘルニアの原因とは?

食道裂孔ヘルニアの原因であると断定されているものはありませんが、以下のようなことが関係していると考えられています。

加齢

食道は横隔膜にあいた食道裂孔と呼ばれる穴を通過して胃とつながっています。食道と横隔膜はお互いの位置関係が変わらないように「横隔食道靱帯」で固定されています。加齢とともに横隔食道靱帯がゆるんで固定力を失い、食道と横隔膜の位置がずれやすい状態になると、胃と食道の接合部が横隔膜より上にはみ出して食道裂孔ヘルニアが起こります。

肥満

肥満の人ではお腹の中(腹腔)の圧力が高い状態になります。そのため、胃が胸側に押し上げられる形になって、食道裂孔から上に飛び出しやすくなります。

先天性食道裂孔ヘルニア

先天性食道裂孔ヘルニアは、生まれつき食道裂孔が大きく開いてしまっている病気です。穴が大きいため胃全体が横隔膜より上に脱出してしまうこともあります。

2. 食道裂孔ヘルニアにはどんなタイプがあるのか?

ほとんどの食道裂孔ヘルニアは滑脱型と呼ばれるタイプです。その他に傍食道型と呼ばれるまれなタイプや、両者の特徴を併せ持った混合型があります。

食道裂孔ヘルニアのタイプ「滑脱型」「傍食道型」「混合型」

滑脱型

胃食道接合部の位置が食道裂孔より胸側にずれているタイプのヘルニアを「滑脱型」と呼びます。

横隔食道靱帯が伸びてしまうと胃食道接合部が上の方(胸腔側)に移動します。これによって胃が食道に引っ張られるような形で食道裂孔の上に飛び出します。食道裂孔ヘルニアのほとんどが滑脱型に分類されます。

傍食道型

胃食道接合部と食道裂孔の位置関係は正常ですが、食道裂孔の穴から胃の一部が飛び出しているものを「傍食道型」と呼びます。食道裂孔ヘルニアの中ではまれなタイプです。

混合型

滑脱型と傍食道型の両方の特徴をもっているものを「混合型」と呼びます。胃食道接合部は食道裂孔の位置よりも胸腔側にずれていて、胃は食道裂孔の穴から飛び出しています。