[医師監修・作成]食道裂孔ヘルニアの治療について | MEDLEY(メドレー)
しょくどうれっこうへるにあ
食道裂孔ヘルニア
横隔膜の一部には食道が通る穴が空いており、この穴から胃が上側に引っ張られてはまり込んだ状態
6人の医師がチェック 89回の改訂 最終更新: 2021.06.04

食道裂孔ヘルニアの治療について

食道裂孔ヘルニアのある人のうち大部分の人は無症状で治療の必要はありません。ヘルニアによる胃食道逆流症の症状がある人は主に内服薬による治療を行います。

1. 無症状の人は治療の必要なし

健康診断や人間ドックの画像検査(内視鏡検査、胃X線検査)で食道裂孔ヘルニアが見つかる人は多いですが、大部分の人には何も症状がありません。無症状の食道裂孔ヘルニアは治療を行う必要はありません。

ヘルニアがある人では今後胃食道逆流症を起こす可能性がありますが、以下に説明する生活習慣や食事の注意点に気をつけると胃食道逆流症が予防できるかもしれません。

2. 胃食道逆流症がある人

ヘルニアによって胃酸が逆流し、胸やけなどの胃食道逆流症の症状がある人では、生活の見直しと薬物療法が治療の中心になります。ヘルニアが大きくてこれらの治療では症状が改善しない人には手術が検討されます。具体的には次のような治療を行います。

生活習慣や食事の見直し

食道裂孔ヘルニアの人では胃酸の逆流を起こさないような生活を送ることが大切です。

◎減量を心がける

肥満の人ではおなかの中の圧力が上がるため、胃が胸のほうに押しあげられ、胃酸が逆流しやすくなっています。胃食道逆流症の症状がある人では体重を減らすことで症状の改善につながるというデータもありますので、可能な範囲で減量を心がけてください。

◎腹圧がかかる姿勢や行動を避ける

前かがみの姿勢をとったり、重いものを持ち上げる、コルセットをつけるなどの行動は腹圧が上がって胃酸の逆流が起こりやすくなります。できるだけ避けるようにしてください。

◎寝る時の工夫

夜眠る時には上半身を少し起こすような姿勢をとると、夜間の胃酸逆流が抑えられます。

◎食事の注意点

大食いを避ける、脂肪分の多い食事を避けることが大切です。また、寝る直前に食事をすると就寝中の逆流が起こりやすいため、できるだけ就寝の3時間前までに食事を済ませるのが望ましいです。

薬物治療

ほとんどの人は薬物治療で不快な症状を抑えることができます。薬には、胃酸の分泌を抑制する「胃酸分泌抑制薬」と胃酸を中和する「酸中和薬(制酸薬)」の2種類があり、胃液の逆流が起こっても食道に炎症が起こらないようにします。

◎胃酸分泌抑制薬

胃酸の分泌を抑制するためにH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)プロトンポンプ阻害薬(PPI)が用いられます。胃酸の抑制効果が強いPPIを処方されることが多いですが、患者さんの状態や副作用などを考慮してどの薬を使用するかが決まります。

酸中和薬(制酸薬)

強力な酸である胃酸を中和するための薬で、アルミニウム製剤、マグネシウム製剤などの種類があります。胃食道逆流症の症状が強く、比較的早く症状をやわらげたい場合などに用いられます。

外科手術

胃食道逆流症の大部分は生活習慣の見直しや薬物治療で改善します。しかし、とても大きなヘルニアがある場合など、これらの治療では十分に症状が良くならないことがあります。このような人には手術治療が検討されます。

◎噴門形成術

胃の壁を胃食道接合部の周りに巻きつけ、胃食道接合部の締まりを改善することで胃酸逆流を予防する手術です。食道の全周に胃を巻きつける方法をニッセン法(Nissen法)、2/3周の範囲に巻きつける方法をトゥーペ法(Toupet法)と呼びます。

これに加えて、食道裂孔の穴が大きく開いている場合には穴を小さく縫い縮める手術も同時に行うことがあります。

◎開腹手術と腹腔鏡下手術

外科手術にはお腹を大きく切る「開腹手術」と、小さな穴を開けて行う「腹腔鏡下手術」の2つの方法があります。近年では腹腔鏡下手術が行われることが多く、開腹手術に比べて術後の痛みが少ない、回復が早い、入院期間が短いなどのメリットがあると考えられています。

一方、開腹手術は手術時間が短くなる傾向があり、手術中のトラブルに対処しやすいというメリットがあります。また腹腔鏡では安全に手術ができない可能性がある人では、開腹手術が行われることがあります。どの手術を選ぶかはお医者さんとよく相談してください。

3. ガイドライン

食道裂孔ヘルニアのガイドラインはありませんが、胃食道逆流症については診療ガイドラインが公開されています。

  • 日本消化器病学会/編集 「胃食道逆流症(GERD)診療ガイドライン2015 改訂第2版」, 南江堂, 2015

ガイドラインは過去のデータを十分に検討して作成された、優れた診療の指針です。お医者さんはガイドラインの内容を参考にしながら一人ひとりに合った治療を組み立てています。

参考文献

・日本消化器病学会/編集 「胃食道逆流症(GERD)診療ガイドライン2015 改訂第2版」, 南江堂, 2015

・Kinoshita Y, Ashida K, Miwa H, et al. The impact of lifestyle modification on the health-related quality of life of patients with reflux esophagitis receiving treatment with a proton pump inhibitor. Am J Gastroenterol 2009; 104: 1106-1111