ぜつがん
舌がん
舌の前2/3に起こるがんのこと
5人の医師がチェック 92回の改訂 最終更新: 2018.11.12

舌がんの基礎知識

POINT 舌がんとは

舌にできるがんを舌がんと言います。 舌がんになると、舌の痛みや味覚障害、出血、口臭などの症状が現れ、原因としては喫煙や口腔内の不衛生などの関与が考えられています。舌がんが疑われる場合には診察や画像検査(CT検査やMRI検査)を用いてがんの大きさ、位置、広がりを調べて、がんが疑われる部分を一部切り取って顕微鏡でみることによって診断が確定されます。手術や放射線に効果が期待でき、進行具合に合わせて適した方法が選ばれます。舌がんが心配な人は口腔外科や頭頸部外科を受診してください。

舌がんについて

  • 舌の前2/3に起こるがんのこと
  • 喫煙や口腔内の不衛生が原因で起こる
  • 口の中にできるがんのうちの90%を占める
  • 男性に多い(男女比は2:1)
    • 50歳代に多い

舌がんの症状

  • 舌の痛み
  • 味覚障害
  • 舌が白くなる
  • 出血
  • 口臭:口が臭くなる

舌がんの検査・診断

  • 舌の触診:がんの部分は周囲よりも硬い
  • 画像検査:がんの大きさや位置を調べる
    • 頭部CT
    • 頭部MRI 
  • 生検:がん細胞の有無などを顕微鏡で調べる

舌がんの治療法

  • 手術
    • がんの大きさ、浸潤度によって舌の切る大きさが異なる(舌の一部分〜舌の全摘出まである)
    • 転移している場合は、頚部のリンパ節郭清を行う
  • 放射線療法
    • 手術と併用して行うこともある
  • リハビリテーション:舌の動きを改善するリハビリテーションを行う
  • がん自体は軽度であっても、リンパ節への転移が見られることがある

舌がんが含まれる病気

舌がんのタグ

舌がんに関わるからだの部位

医師登録をしてMEDLEYの編集に協力する