とくはつせいじんしゅっけつ
特発性腎出血
腎臓からの出血が原因で血尿が起きた状態のうち、原因が明らかでないものの総称
3人の医師がチェック 86回の改訂 最終更新: 2017.08.16

特発性腎出血の基礎知識

特発性腎出血について

  • 腎臓からの出血が原因で血尿が起きた状態のうち、原因が明らかでないものの総称
  • 20~30代に多い
  • 特発性腎出血のように血尿をきたす他の疾患の例(原因のわかっているもの)
  • 検査をしても原因が見つからない場合に特発性腎出血と呼ぶ

特発性腎出血の症状

  • 血尿:自覚症状がないまま突然出現する
    • 血尿は多くは2~3週間で止血
  • 痛み:血が固まって尿路に詰まることによって起こる場合がある

特発性腎出血の検査・診断

  • 他の原因を除外することで診断できる
  • 尿検査
  • 画像検査:腎臓や尿管や膀胱に異常がないか調べる
    • 腹部超音波検査
    • 腹部CT検査
    • MRI検査

特発性腎出血の治療法

  • 多くの場合、自然に血尿は消失する
    • 血尿が出ている間は、飲酒や激しい運動を控えることが望ましい
  • しばれく観察しても血尿がなくならない場合には、より詳しい精査を行ったり、止血剤などを使用する場合もある


特発性腎出血のタグ


特発性腎出血に関わるからだの部位


MEDLEYニュース新着記事