たはつせいこつずいしゅ
多発性骨髄腫
血液がんの一種。免疫細胞の一種が異常ながん細胞となり、骨髄の中で増殖する状態。骨や免疫が弱くなったりする。
9人の医師がチェック 104回の改訂 最終更新: 2019.08.20

多発性骨髄腫の詳細情報

多発性骨髄腫

多発性骨髄腫は、血液細胞の一種である形質細胞が「がん化」して起こる病気です。血液が作られる骨髄でがん細胞が増殖し、進行すると全身にさまざまな症状が現れます。このページでは多発性骨髄腫の概要として症状や原因、検査、治療について説明していきます。