まんせいびえん
慢性鼻炎
鼻の粘膜が慢性的に赤く腫れている状態
9人の医師がチェック 94回の改訂 最終更新: 2017.12.06

慢性鼻炎の基礎知識

POINT 慢性鼻炎とは

慢性鼻炎は鼻粘膜の慢性的な炎症です。症状は鼻づまり、鼻水などがあります。原因は化学物資や物理的な刺激、血圧を下げる薬や血管を収縮させる薬の副作用などがあります。画像検査で慢性副鼻腔炎の有無や、血液検査でアレルギー性鼻炎の有無を調べます。慢性鼻炎ではアレルギー検査はすべて陰性です。治療は鼻の炎症を抑える目的でステロイド点鼻薬を用います。鼻粘膜の腫れが強く生活に支障をきたす場合は、手術治療を行うことがあります。鼻づまりうや鼻水の原因は他にもありますので、症状がある場合は耳鼻咽喉科に受診しましょう。

慢性鼻炎について

  • 鼻の粘膜が慢性的に赤く腫れている状態
    • ウイルス細菌の感染による急性鼻炎を繰り返した場合、あるいは長引いた場合に起こる
  • 主な原因
    • 弯曲によって広くなった鼻腔(鼻中隔弯曲症)側の粘膜の腫れ
    • 化学物質
    • 物理的な刺激
    • 降圧薬や末梢血管収縮薬の副作用
  • 大きく2つのタイプに分けられる
    • 単純性鼻炎
    • 肥厚性鼻炎

慢性鼻炎の症状

  • 主な症状
    • 鼻づまり
    • 鼻水
    • 鼻の粘膜の腫れ
  • 単純性鼻炎の場合
    • 片側あるいは左右交代に症状が起こる
  • 肥厚性鼻炎の場合
    • 両側に同時に症状が起こる

慢性鼻炎の検査・診断

  • 画像検査
    • 頭部レントゲンX線写真)検査:副鼻腔炎があるかを調べる
    • 頭部CT検査副鼻腔炎があるかを調べる
  • 血液検査:アレルギー性の鼻炎であるかを調べる

慢性鼻炎の治療法

  • 薬物療法
    • ステロイド薬の鼻に吹くスプレーを使う
    • アレルギー性鼻炎合併している場合には抗アレルギー薬などの内服も併用
  • 手術療法
    • 症状がひどい場合には、手術も行う(鼻中隔弯曲症を合併している場合など)
  • 予防、再発予防のため気を付けること
    • 急性鼻炎を防ぐ、長引かせない
    • 感染を起こさないようにうがいや手洗いをこころがける
    • 屋内のアレルゲンを減らす
    • マスクをする
    • たばこを控える
    • 保湿をする

慢性鼻炎のタグ

慢性鼻炎に関わるからだの部位

医師登録をしてMEDLEYの編集に協力する