ひるしゅすぷるんぐびょう

ヒルシュスプルング病

先天的に腸の動きが生まれつき弱く、排便がきちんとできず、腸がどんどん広がってしまう病気。

病気に対応する病院を探す
8人の医師がチェック 110回の改訂 最終更新: 2017.05.22

ヒルシュスプルング病の基礎知識

ヒルシュスプルング病について

  • 先天的に腸の動きが悪く、便をうまく出せずに腸が広がってしまう病気
    • 生まれつき腸の壁に神経が届いておらず、腸がきちんと動かない
    • 多くは肛門からS錠結腸の範囲で腸の異常が見られるが、重症の場合は大腸全体であったり小腸にまで病気の範囲が及んでいることがある
  • 頻度
    • 出生約5000-7000人あたり1人程度に発症症状や病気が発生する、または発生し始めること
    • 発生率の男女比は3:1から4:1と、男の子に多い
  • その他情報
    • 他の先天異常と一緒に起こることも多い
      ・心臓の異常(先天性心疾患)が一緒に起こることがある
      ダウン症候群合併ある病気や治療によって、他の病気や病態が引き起こされることすることが多い
  • 大腸全体に症状がある場合や小腸にまで症状が及ぶ場合は難病指定疾患であるので、状況に応じて医療費補助の申請が可能である

ヒルシュスプルング病の症状

  • 主な症状
    • 排便障害便秘や便失禁(がまんができず、漏らしてしまうこと)といった症状の総称
    • 腹部が膨らむ
    • 嘔吐
    • 下痢(便が溜まり過ぎると、下痢として排便される)
  • 症状の説明
    • 新生児の場合、排便の遅れが最初の症状
    • 排便、おならができず、腹部が風船のように膨らむ
    • 次第に哺乳力が低下し、嘔吐したりする
    • 症状が進むと体重増加不良や栄養不良が現れてくることもある
  • その他の起こりうる症状
    • 発熱がある場合は、腸の感染が起こり、敗血症になっている可能性がある

ヒルシュスプルング病の検査・診断

  • 腹部レントゲンX線(放射線)によって撮影する画像検査の一種で、腹部の状態を調べるために行われる検査(X線X線(放射線)を使って、体の中の状態を簡易的に調べる画像検査写真):腸の状態などを調べる
  • 注腸造影造影剤と呼ばれる注射薬を使用して、そのままでは画像検査で写りにくいものが写るようにすること検査:おしりから大腸にかけて造影剤を注入して、細くて動きの悪い腸とその範囲を調べる
  • 直腸肛門内圧測定検査:おしりの締め具合を測定して、正常であれば肛門の括約筋にみられる弛緩反射がないことを調べる
  • 組織診病気を詳しく調べるために、体や病変の一部を切除して顕微鏡で調べる検査。例えば、腫瘍ががんか否かを調べる時などに行われる:直腸の壁を一部切り取って、神経が正常に通っているか調べる
    • 病気を診断するために必要

ヒルシュスプルング病の治療法

  • 手術
    • 異常な腸の切除して、多くの場合は人工肛門造設する
  • 手術後ほとんどの場合で、人工肛門を使いながら生活が可能
    • 腸が短くなるため栄養不良を起こすことがある

ヒルシュスプルング病のタグ


ヒルシュスプルング病に関わるからだの部位