あるこーるいぞんしょう
アルコール依存症
アルコール(お酒)を飲まないではいられない状態
11人の医師がチェック 222回の改訂 最終更新: 2020.12.18

アルコール依存症の詳細情報

アルコール依存症

アルコール依存症とは、飲酒のタイミングや量をコントロールできなくなってしまう状態です。国内のある調査[1]によれば、生涯のうちにアルコール依存症を経験する人は約107万人と推計されています。この数字を日本の全人口に当てはめると、およそ117人に1人にもなります。アルコール依存症が疑わしいかどうか知るためのセルフチェック法をこのページで紹介しますので、アルコール依存症が心配な人はやってみてください。また、受診の際には、精神科や心療内科の「依存症の専門外来」が適しています。心理社会学的治療を柱に断酒を目指すことになります。