くびのまえがわのいたみ
首の前側の痛み

首の前側の痛みの基礎知識

概要

首の前側の痛みの原因は、感染症によるリンパ節の腫れ、亜急性甲状腺炎など甲状腺の病気、リンパ節炎などがあります。熱がある、口や手に発疹があるといった症状がある場合、一般内科や総合診療科の受診が望ましいです。

原因とメカニズム

首の前側には甲状腺やリンパ節があり、それらの病気が原因で痛むことがあります。特にむち打ちなど頚椎や周辺の靭帯や筋肉の損傷で痛むことや、変形性頚椎症などによって頚髄が障害されて首が痛むことがあります。

症状から考えられる病気

腫れている

腫れていて痛みがある場合、細菌ウイルスの感染症を原因としたリンパ節の腫れである可能性があります。原因となる感染症はたくさんありますが、例えば扁桃炎伝染性単核球症風疹麻疹おたふく風邪流行性耳下腺炎)などがあります。こういった感染がはっきりとしない場合、単なるリンパ節炎とも呼ばれます。

首の真ん中が腫れていて痛い場合は、頻度としては多くないのですが、亜急性甲状腺炎も考えられます。

熱やのどの痛み、鼻水、咳などの症状がある

細菌やウイルスの感染症を原因としたリンパ節の腫れである可能性があります。原因となる感染症はたくさんありますが、例えば扁桃炎伝染性単核球症風疹麻疹おたふく風邪流行性耳下腺炎)などがあります。

しびれのような痛みがある

神経が障害されることによってしびれや痛みが起こる変形性頚椎症頚椎椎間板ヘルニアなどの可能性があります。

手足のしびれや動きにくさがある

変形性頚椎症頚椎椎間板ヘルニアなどの可能性があります。

受診の目安

・発熱している ・首が腫れている ・手足のしびれや動きにくさがある

診療科

一般内科・総合診療科

感染症や甲状腺など様々な病気の可能性があるので、最初は一般内科や総合診療科の受診が適しています。

整形外科

手足のしびれや動きにくさがある場合は、変形性頚椎症頚椎椎間板ヘルニアなどの可能性があり、整形外科で詳しく調べたり、治療したりすることができます。

検査

血液検査

感染症による全身の炎症の程度、肝臓や甲状腺の機能、ウイルスに感染しているか、といったことがわかります。

超音波検査

特に甲状腺の異常が疑われるときに、超音波検査で甲状腺の状態を調べることができます。

頚部MRI

変形性頚椎症頚椎椎間板ヘルニアの診断に役に立ちます。

治療

原因に応じた治療が行われます。

痛みにはロキソニン®やカロナール®といった痛み止めが使われます。変形性頚椎症など神経が傷つくことによる痛みの場合は、リリカ®やサインバルタ®といった痛み止めが使われることもあります。

セルフケア

病気を見分けるポイントは、首の痛み以外の全身の症状があるか、首が腫れているか、手足にしびれがあるか、といったことです。他の症状がある場合や1週間以上続くような場合は、医療機関を受診しましょう。



関連するリンク