2017.11.03 | ニュース

発がん性などの恐れ、未承認薬物のネット販売をシンガポール機関が警告

筋力増強をうたう製品3種

発がん性などの恐れ、未承認薬物のネット販売をシンガポール機関が警告の写真

シンガポールの健康科学庁(HSA)が、深刻な害を及ぼす恐れのある化学物質がオンラインで販売されていたとして、消費者に注意を促しています。

ネット販売3製品に注意

HSAは、販売されていた3種の製品について消費者向けの注意を出しました。3製品には、いずれも医療用の使用が認められていない薬物が含まれていました(シンガポールの規制をもとに注意がなされていますが、日本でも同様です)。そのひとつは動物実験で肝臓がんなどを発生させる恐れが指摘されています。HSAはほかの薬物も「深刻な害の原因になりうる」としています。

HSAが得た情報によると、これらの薬剤は筋肉の量や強さ、運動能力を増すとうたって売られていたとのことです。

HSAは消費者に向けた助言を添えています。

  • これらの製品を摂取するのはすぐにやめる
  • もし不調を感じることがあれば医師に相談する
  • 知らないウェブサイトや個人からネットで健康製品を買わない

 

世界で問題になる薬物の不正使用

シンガポールで薬物のネット販売が問題とされた例を紹介しました。ネットを通じた薬物の不正な流通は世界的に問題視されています。

 

関連記事:ネット薬物2500万件取締り、インターポール「パンゲア作戦」で

 

規制を守り適正に薬剤を販売している多くのウェブサイトは生活の役に立ちます。安全性のためさまざまな対策がなされています。

しかし、無数にあるウェブサイトの中で、不正なものに出会うことが決してないとは言えません。日本も例外ではなく、法に違反して医薬品成分を含む製品が売られていた例も指摘されています。

 

関連記事:ネットの健康食品から違法やせ薬とフェノールフタレイン検出

 

消費者自身も、知らないサイトや個人が販売する薬物には十分気を付ける必要があるでしょう。
 

執筆者

大脇 幸志郎


参考文献

HSA Alert: Bodybuilding Products Sold Online Contain Harmful Substances.

HSA Press Releases. 2017 Oct 20.

http://www.hsa.gov.sg/content/hsa/en/News_Events/Press_Releases/2017/enhancedathletesg.html

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

トップ