2016.01.16 | ニュース

前立腺がん治療は、男性の性生活にどのような影響を与えるか

男性と性交をする男性16人を調査
from The journal of sexual medicine
前立腺がん治療は、男性の性生活にどのような影響を与えるかの写真
(C) Photographee.eu - Fotolia.com

前立腺がんが早期発見されると生存率は高くなります。そうなると、術後の性生活の重要性が増します。そこで、男性と性交をする男性の性生活について調査が行われました。

◆男性と性交をする男性16人を調査

16人の男性と性交をする男性に対面またはインターネットのウェブ電話を使用してインタビューを行いました。参加者には、決まった質問のほか、早期前立腺癌の手術後の性生活について自由回答を求めました。

 

◆手術後男性の懸念

回答から、「勃起、排尿、射精、オルガズムの障害」、「相手との性的関係性の困難性」、「男性と性交をする男性の前立腺がん治療後に特化した腫瘍学的および社会心理学的サポートが得られないのではないか」、といった懸念が挙がりました。

手術後の症状によって、「勃起、排尿、射精の障害があると性に関わる生活の質は低くなった」という結果も見られました。

 

前立腺がんの治療には、性に関する生活の質の問題が伴います。性交に関わる機能が低下することで、生活の質が低くならないよう、患者ごとのニーズにこたえるサポートが必要かもしれません。

執筆者

後藤由佳利

参考文献

Impact of Prostate Cancer Treatment on the Sexual Quality of Life for Men-Who-Have-Sex-with-Men.

J Sex Med. 2015 Dec.

[PMID: 26537853]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

MEDLEYニュース新着記事