2015.12.29 | ニュース

ステロイドが効かない喘息にレスリズマブは有効か?

2件の臨床試験の結果から
from The Lancet. Respiratory medicine
ステロイドが効かない喘息にレスリズマブは有効か?の写真
(C) JPC-PROD - Fotolia.com

喘息の治療でステロイド吸入剤がよく使われますが、それだけでは十分に症状を抑えられないこともあります。ここでは、そのような喘息患者におけるレスリズマブの有効性と安全性を評価しました。

◆合計232人を対象とした2件の臨床試験

2件の臨床試験に、中用量から高用量の吸入剤治療を受けているにもかかわらず好酸球の検査値が高く、喘息発作が起こる12歳~75歳の喘息患者が合計232人参加しました。

好酸球は白血球の一種で、喘息の状態が悪いときは特に多くなります。

患者は、レスリズマブまたは偽薬のどちらかを受けるグループに分けられ、1年間4週ごとに薬を投与されました。

 

◆レスリズマブは喘息の悪化を減らす

両方の臨床試験で、レスリズマブで治療を受けた患者は、偽薬で治療を受けた患者に比べて喘息悪化の頻度が少なく、一方の試験では0.50倍、もう一方の試験では0.41倍になりました。副作用の可能性があるアナフィラキシー症状が2人の患者に現れ、2人とも治療で回復しましたが、試験から離脱しました。

これらの試験により、血液中の好酸球が高く、吸入剤治療ではうまくコントロールできなかった喘息患者にレスリズマブを使用したときの効果が示されました。

 

喘息治療の方法に選択肢が1つ増えることになるかもしれません。

 

執筆者

後藤由佳利

参考文献

Reslizumab for inadequately controlled asthma with elevated blood eosinophil counts: results from two multicentre, parallel, double-blind, randomised, placebo-controlled, phase 3 trials.

Lancet Respir Med. 2015 May

 

 

[PMID: 25736990]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

MEDLEYニュース新着記事