2015.11.02 | ニュース

飲酒は乳がんに関係するのか?注意するべき年齢は?

ヨーロッパの女性33万人を11年追跡

from International journal of cancer. Journal international du cancer

飲酒は乳がんに関係するのか?注意するべき年齢は?の写真

飲酒によって、いくつかの種類のがんが発生しやすくなると考えられています。飲酒と乳がんの関係について、乳がんの分類と飲酒に関係する要因について、ヨーロッパの追跡調査データから解析が行われました。

◆33万人の女性の追跡データから

研究班は、ヨーロッパで行われた追跡調査のデータを使い、35歳から70歳の女性334,850人をおよそ11年にわたって追跡した間について、飲酒習慣と乳がん発症症状や病気が発生する、または発生し始めることに関連があるか、統計解析によって調べました。

 

◆多く飲むほど乳がん増加

次の結果が得られました。

3,670,439人年の間に、11,576件の乳がん新規発症が診断された。アルコール摂取量は乳がんリスクと有意データを分析して導かれた結果が、偶然として説明できる確率は低いとみなされることに関連し、アルコール摂取量が1日あたり10g増加するごとにハザード比が4.2%増加した(95%信頼区間2.7-5.8%)。1日あたりの摂取量が0-5gを参照すると、1日あたり5-15gのアルコール摂取は乳がんのリスクの5.9%増加と関連した(95%信頼区間1-11%)。

アルコール摂取量が多いほど乳がんの発症が多く、1日あたり10gのアルコール摂取(ビール250ml程度)が増えるごとに乳がんが4%程度増えるという結果でした。最初の正期妊娠が始まる前に飲酒を始めた人で、特に乳がんが多く見られました。

がん無制限に増殖して周囲へ広がる、異常な細胞(がん細胞)による病気。塊となって腫瘍を作る固形がんと、白血病のように血液中にがん細胞が存在する血液がんがある細胞が持っている遺伝子に注目した分類では、ER+/PR+、ER-/PR-、HER2-、ER-/PR-HER2-の各分類について、アルコール摂取量にともなって増加が見られました。

 

飲酒は乳がんだけでなく、ほかの種類のがんや高血圧などとも関係し、少量なら有益な面もあると考えられています。生活習慣と病気のリスクを全体として考える中で、飲酒と乳がんの関係もひとつの要素になるかもしれません。

執筆者

大脇 幸志郎


参考文献

Alcohol intake and breast cancer in the European prospective investigation into cancer and nutrition.

Int J Cancer. 2015 Oct 15

[PMID: 25677034]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

トップ