2015.09.11 | ニュース

子どもの湿疹と頭痛、実は別々ではなかった?!

401,002人の子どもを分析
from Klinicheskaia khirurgiia
子どもの湿疹と頭痛、実は別々ではなかった?! の写真
(C) Tanja - Fotolia.com

子どもにしばしば起こる、湿疹と頭痛。それぞれ、一見別の原因で起こっていると思えますが、本当に何の関係もないのでしょうか?今回の研究では、実は子どもの湿疹と頭痛は関連性が見られるのではないかということを検証しました。

◆子ども湿疹と頭痛の関連性を検証

アメリカの全国のデータベースを用いて、401,002人の子どもと青年を対象に、湿疹と頭痛の関連性を検証しました。

 

◆湿疹がある子どもで頭痛を持っている割合は湿疹がない子どもの1.5倍

以下の結果を得られました。

全19件の研究のプール解析では、湿疹がある子どもは湿疹がない子どもと比較して、有意に頭痛の有病割合(10.7%[95%信頼区間10.3%-11.0%] vs 5.4%[95%信頼区間5.3%-5.5%])とオッズ(1.52[95%信頼区間1.45-1.59])が高かった。

湿疹がある子どもでは、頭痛を持っている割合が多いという結果でした。

筆者らは、「子どもにおいて、湿疹は、特にアトピー、疲労、睡眠障害を伴う重症例である場合に、頭痛の増加と関連している」と述べています。

 

これまで、子どもが湿疹発症したり、頭痛を発症したりした場合に、それらに関係があると考えていた方は少ないかもしれません。今回の研究だけでは、まだ明確なことに言及できませんが、これらに関連があるのだとしたら、共通の原因に有効な治療薬の開発など、今後の発展に期待ができるかもしれません。

 

執筆者

Shuhei Fujimoto

参考文献

Association between childhood eczema and headaches: An analysis of 19 US population-based studies.

J Allergy Clin Immunol. 2015 Aug 29

[PMID: 2632951]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

MEDLEYニュース新着記事