2015.07.12 | ニュース

年齢、高血圧に加えて、尿酸が多い人も動脈硬化が進んでいた!

ギリシャ280人の横断研究
from Journal of hypertension
年齢、高血圧に加えて、尿酸が多い人も動脈硬化が進んでいた!の写真
(C) ralwel - Fotolia.com

動脈の壁は、年齢とともに粥状動脈硬化という変化を経て、脂肪を多く含み、ときに石灰化して、硬く弾力のない状態になっていきます。動脈硬化が進むと心筋梗塞や脳卒中(心血管疾患)が起こりやすくなると考えられています。尿酸は痛風の原因になる物質で、心血管疾患との関連が議論されることもあります。ギリシャの研究班が、動脈硬化の程度と関連する要因を調べたところ、年齢、血圧、尿酸に関連が見られました。

◆中高年男女280人の検査

この研究は次の対象者について行われました。

年齢52.98±22.9歳の対象者が連続して280人(51.4%が男性)、この研究に参加した。

およそ30歳から75歳の男女280人が対象となり、動脈硬化の程度を測る検査を受けました。検査値は、尿酸や血圧などの検査値との関係を統計解析されました。

 

◆年齢、24時間血圧、尿酸に関連あり

次の結果が得られました。

頚動脈-大腿動脈脈波伝播速度は年齢(B=0.13、P<0.001)、収縮期血圧の24時間平均(B=0.07、P<0.05)、尿酸(B=0.72、P<0.001)と独立に関連していたが、外来血圧、e-GFR、脂質レベル、性別、BMIとは関連しなかった(ANCOVAによる)。

動脈硬化の検査値と統計的な関連が見られたのは、年齢、尿酸、収縮期血圧(最高血圧)の24時間平均値でした。

研究班は「動脈硬化は高尿酸血症のある患者で増していることが見出され、尿酸の増加が年齢・性別・肥満・血圧および腎機能とは独立に、大きな動脈の動脈硬化の病態生理において果たす役割が示唆された」と結論しています。

 

痛風がほかの病気などと関連するとした研究はMEDLEYニュースでも紹介しています。興味のある方はあわせてご覧ください。

痛風放置は危険!尿酸を下げる治療をしない人では死亡率が高かった」

http://medley.life/news/item/5591220f6eadc88f014c9c96

痛風がある人はEDになりやすい?勃起不全発症率との関連」

http://medley.life/news/item/5594e30dabe97c3501f2501a

執筆者

大脇 幸志郎

参考文献

9A.01: HYPERURICEMIA IS AN INDEPENDENT DETERMINANT OF ARTERIAL STIFFNESS.

J Hypertens. 2015 Jun

 

[PMID: 26102697]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。