2015.04.26 | ニュース

暑い日には病気のリスクが……意外と増えない。

60万人に1人だけ熱中症の入院が増える
from JAMA
暑い日には病気のリスクが……意外と増えない。の写真
(C) nandyphotos - Fotolia.com

夏の暑い日には体調を崩す人も出てきます。アメリカで公的医療保険のメディケアの記録を気温のデータと合わせて調べたところ、暑い日が続いたときに入院を増やす原因には、電解質異常、腎不全、尿路感染症などがあることがわかりました。

◆年間2千万人の情報を参照

この研究では、夏の日毎の気温が記録されていた1,943の地域で、1999年から2010年の間に入院した65歳以上のメディケア加入者の、年間およそ23,700,000人分の受給情報から、入院の原因を調べました。
 

◆電解質異常が最大、感染症も

2日以上続けて、その地域で1%以下の日にしかみられない高い気温が観測された場合、10万人あたりの入院が体液・電解質の異常で0.34人、腎不全で0.25人、尿路感染症で0.24人、敗血症で0.21人、熱中症で0.16人、有意に増えていました。一方、うっ血性心不全による入院は有意に少なくなっていました。

研究チームは暑い日の入院のリスクについてわかったとしながらも、「リスク増加の幅は小さく、ケアのなかでどの程度重要かは明らかでない」と述べています。

 

暑い日に熱中症になりやすいといったことは多くの人が知っている常識ですが、それを改めて数値化してみると、思いのほかリスクの増加の程度は少ないようです。

執筆者

大脇 幸志郎

参考文献

Cause-specific risk of hospital admission related to extreme heat in older adults.

JAMA. 2014 Dec 24-31

[PMID: 25536257]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

MEDLEYニュース新着記事