フェイタスチックEX - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
フェイタスチックEX

フェイタスチックEXの基本情報

フェイタスチックEXの概要

商品名 フェイタスチックEX
薬のタイプ 外用 / 第2類
製造会社 東光薬品工業
販売会社名 久光製薬

フェイタスチックEXの特徴

●フェイタスチックEXは、優れた抗炎症・鎮痛効果が認められている「フェルビナク」を主成分(3%配合)とした経皮鎮痛消炎剤です。
●「フェルビナク」は痛みに関係する物質(プロスタグランジン)の生成を抑え、肩・腰・関節・筋肉の痛みにすぐれた効き目をあらわします。
●l-メントールを6.0%に増量し、使用感が一層さわやかになりました。
●透明なゲル状の塗り薬を固形状にしたチックタイプなので手を汚さす患部に太く塗れます。
●べたつきを抑えた固形剤ですぐにサラサラになるので、その場ですぐ服を着る事ができます。

フェイタスチックEXの効果・効能

関節痛、筋肉痛、腰痛、腱鞘炎(手の痛み・手首の痛み・足首の痛みと手のはれ・手首のはれ・足首のはれ)、肘の痛み(テニス肘など)、打撲、ねんざ、肩こりに伴う肩の痛み。

フェイタスチックEXの構成成分

100g中 フェルビナク3.0g、l-メントール6.0g

フェイタスチックEXの用法・用量

1日2~4回、適量を患部に塗擦してください。
<用法・用量に関連する注意>
1.15歳未満の小児に使用させないでください。
2.定められた用法・用量を守ってください。
3.目に入らないようにご注意ください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には眼科医の診療を受けてください。
4.外用にのみ使用してください。
5.薬剤塗擦後の患部をラップフィルム等の通気性の悪いもので覆わないでください。
6.患部の汗などをふき取って清潔にしてから使用してください。
7.容器が直接患部に当たらないように、容器の中の薬剤を3~4mm出してから使用してください。
8.薬剤底部の受け皿が見え、ガタつくようになったら、本剤の使用をやめてください。また、受け皿に残った薬剤は無理に使用しないでください。

フェイタスチックEXの主な副作用

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)本人又は家族がアレルギー体質の人。
 (3)薬によりアレルギー(例えば発疹発赤、かゆみ、かぶれなど)を起こしたことがある人。
2.次の場合は、直ちに使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
 (1)使用後、次の症状があらわれた場合。
[関係部位] :  [症 状]
  皮 ふ  :   発疹・発赤、はれ、かゆみ、ヒリヒリ感、かぶれなど
(2)1週間くらい使用しても症状がよくならない場合。

フェイタスチックEXの添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。