オロナインH軟膏 - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
オロナインH軟膏

オロナインH軟膏の基本情報

オロナインH軟膏の概要

商品名 オロナインH軟膏
薬のタイプ 外用 / 第2類
製造会社 大塚製薬工場
販売会社名 大塚製薬

オロナインH軟膏の特徴

にきび、吹出物には少量をかるくすりこんでください。べとつく場合は、タオル、ガーゼ等で拭きとってください。
きず(きりきず、すりきず、つききず)には患部を清潔にして塗ってください。オロナインH軟膏はきず口を消毒し、化を防ぎます。
軽度のやけどの場合は、患部に塗ってガーゼを当ててください。化膿を防ぎます。
ナイフ、カミソリなどによるきりキズにご使用ください。オロナインH軟膏の殺菌作用により化膿を防ぎます。
水虫にはお風呂上りにすりこむのが効果的ですが、毎日忘れぬよう根気よくお続けください。なお、じゅくじゅくした湿潤性の水虫には適当ではありません。
いんきん、たむししらくもはたけにもオロナインH軟膏をご使用ください。
山や海で思わぬきず等に慌てた経験がおありでしょう。オロナインH軟膏はご家庭ばかりでなく、外出や旅行のときの携帯薬としても使用できます。
冬のひび、しもやけ、あかぎれには水仕事のあとやお風呂上り、お寝み前によくすりこんでください。

オロナインH軟膏の効果・効能

にきび、吹出物、はたけやけど(かるいもの)、ひび、しもやけ、あかぎれ、きず、水虫(じゅくじゅくしていないもの)、たむし、いんきん、しらくも

オロナインH軟膏の構成成分

1g中 クロルヘキシジングルコン酸塩液(20%)10mg

オロナインH軟膏の用法・用量

患部の状態に応じて適宜ガーゼ・脱脂綿等に塗布して使用するか又は清潔な手指にて直接患部に応用します。
<用法及び用量に関連する注意>
1.小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
2.目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。
3.本剤は外用にのみ使用してください。
4.患部やその周囲の汚れを落としてから使用してください。

オロナインH軟膏の主な副作用

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
  (1)医師の治療を受けている人
  (2)薬などによりアレルギー症状(例えば発疹発赤、かゆみ、かぶれ等)を起こしたことがある人
  (3)患部が広範囲の人
  (4)湿潤やただれのひどい人
  (5)深い傷やひどいやけどの人
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮  膚  : 発疹・発赤、かゆみ、はれ、乾燥、ひびわれ
  まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
 〔症状の名称〕ショックアナフィラキシー
 〔症   状〕使用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、
        のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

オロナインH軟膏の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。