レボホリナートカルシウム
消化器がんなどで使用するフルオロウラシルによるDNA合成阻害作用を増強することで、フルオロウラシルの抗腫瘍効果を高める薬

レボホリナートカルシウムを使う主な病気

  • 胃がん

    胃の壁の粘膜にできたがんのこと。ピロリ菌への感染や喫煙、塩分の多い食事などでリスクが上がる
    胸(肺・心臓・その他)
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器内科
    腫瘍内科
    消化器外科(食道・胃・大腸)
    消化器外科(肝胆膵)
    内視鏡科
    緩和ケア科
  • 大腸がん

    大腸の粘膜にできるがん。国内のがん患者数がもっと多く、死亡者数も女性において原因の1位
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器内科
    腫瘍内科
    消化器外科(食道・胃・大腸)
    消化器外科(肝胆膵)
    内視鏡科
    緩和ケア科
  • 膵臓がん

    膵臓にできるがんの総称。早期で発見するのが難しく、経過が最も悪いがんの一つ
    全身・その他
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    背中・腰・腎臓・膵臓・その他
    消化器内科
    腫瘍内科
    消化器外科(食道・胃・大腸)
    消化器外科(肝胆膵)
    緩和ケア科