グリコペプチド系抗菌薬を使用する主な病気(敗血症、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症(MRSA感染症))など | MEDLEY(メドレー)
グリコペプチド系抗菌薬
細菌の細胞壁合成を阻害し細菌を殺すことで抗菌作用をあらわす薬

グリコペプチド系抗菌薬を使う主な病気

  • 敗血症

    病原体が血液中に入り込んで全身に広がった重篤な状態
    全身・その他
    血液・血管
    感染症内科
    救急科