医師たちがつくる病気事典メドレー

副甲状腺機能低下症

副甲状腺機能低下症の基礎知識

副甲状腺機能低下症とは?

  • 副甲状腺ホルモンの分泌や作用が低下することで低カルシウム血症、高リン血症などをおこす病気
  • 以下の3つに分類される
    • 原発性副甲状腺機能低下症
      自己免疫疾患HAM症候群)
      ・先天的に副腎がきちんとつくられない病気(22q11.2欠失症候群)
    • 二次性副甲状腺機能低下症
      ・首の手術や放射線治療の影響で副甲状腺の機能が低下したもの
    • 偽性副甲状腺機能低下症

症状

  • 手や足、唇のしびれ
  • テタニー(手足の筋肉の硬直)
  • 精神症状
    • 不穏
    • うつ
  • 不整脈
    • QT延長
  • 消化器症状
    • 吐き気
    • 嘔吐
    • 下痢
      など

検査・診断

  • 血液検査
    • 副甲状腺ホルモンの量を調べて、原因を診断する
    • カルシウムやリンの濃度を調べる
  • 尿検査
    • 尿中カルシウムとクレアチニンを調べる

治療

  • テタニーやけいれんを起こしている場合
    • カルシウム製剤(カルチコール)を注射
      ・緊急に血中のカルシウムを補う
  • 明らかな症状がない場合
    • 活性型ビタミンD製剤
      ・腸からのカルシウム吸収を促す

副甲状腺機能低下症に関連する治療薬

活性型ビタミンD3製剤

  • 小腸からのカルシウム吸収を促進させ、骨量の減少を抑え骨粗しょう症による骨折などの危険性を低下させる薬
    • 骨粗しょう症では骨を壊す細胞と作る細胞のバランスが崩れ骨がもろくなってしまう
    • ビタミンDは活性型ビタミンD3となると、小腸からのカルシウムの吸収を促進させ骨量の減少を抑える
    • 本剤は体内で活性型ビタミンD3と同様の作用をあらわす製剤である
  • 続発性二次性副甲状腺機能亢進症副甲状腺機能低下症などに使用する薬剤もある
活性型ビタミンD3製剤についてもっと詳しく≫




version 7.4(β)
本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
©Medley, Inc. All Rights Reserved.