医師たちがつくる病気事典メドレー

アダムス・ストークス症候群

アダムス・ストークス症候群の基礎知識

アダムス・ストークス症候群とは?

  • 脳に十分な血液が流れず、めまいや失神が起こる状態
  • 不整脈が原因で十分に心臓が血液を送り出せなくなる
    • 多くの場合は徐脈による影響で起こる
  • アダムス・ストークス症候群を起こす不整脈の例
  • 不整脈の種類によっては突然死につながることがある

症状

  • 主な症状
    • めまい
    • 突然目の前が真っ暗になって、程度が強いと失神することがある
    • 顔面蒼白
    • けいれんめまい
    • 頭痛
    • 意識消失
    • 痙攣
    • 昏睡
  • 場合によっては突然死につながることもある

検査・診断

  • 心電図:病気特有の心臓の波形などを調べる
    • ホルター心電図:短時間の心電図で不十分な場合に行う
  • 植込み型心電図ループレコーダー:症状が重くても一時的にしか見られない波形をより詳しく調べる
    • 局所麻酔を行って胸の前の部分に1cmほど皮膚を切り、その裏側に小さな心電図を留置する

治療

  • まずは、原因となっている可能性のあるものを避けることが重要
    • 使用している薬の副作用が疑われれば、可能な範囲で一度薬を飲むのを中止あるいは変更してみる
    • 体内のミネラル電解質)バランスが原因となっている場合には、点滴治療を行う
  • 原因となる不整脈のタイプによって異なる
    • 徐脈不整脈であれば、ペースメーカーの植え込み
    • 頻脈不整脈であれば、内服薬除細動器の植え込み、カテーテル治療などを適宜併用する
  • 放っておくと失神や突然死を起こすため、早期の治療が必要

アダムス・ストークス症候群の経過と病院探しのポイント

この病気かなと感じている方

アダムスストークス症候群は、不整脈のある方に発症するめまいや失神といった症状を指します。上記のような症状に該当していてご心配な方はまず近くのクリニックを受診して、症状の原因が不整脈なのかを確かめることが必要です。めまいや失神といった症状は心臓以外が原因で生じることもあり、その場合は(その後に総合病院を受診するとしても)受診する診療科が変わってくるためです。

その上でアダムスストークス症候群だということになれば、最初にかかった医療機関から診療情報提供書(紹介状)をもらった上で専門病院を受診するのが良いでしょう。診療情報提供書がないと基本的な検査を一からやり直すことになってしまうためご注意なさって下さい。

アダムスストークス症候群はめまいや失神といった症状がでる病気ですが、その原因は様々な不整脈です。単なる不整脈ではなく、上記のような症状が出ている重症な不整脈ですから、もし診断が既についているのであれば、循環器を専門とした病院や、一通りの診療科が揃っている総合病院の受診が勧められます。

強い症状が一時的でなく持続している場合には、意識がなかったり歩けなかったりするでしょうから、救急車での受診が必要になるかと思われます。救急隊は、近さや病院の専門性を考慮した上で、適切な病院を判断し案内してくれます。

アダムスストークス症候群の診断は診察、問診心電図で行います。しかし、めまいや失神などの症状が出ている時に心電図を取らなければ診断につながらず、病院を受診した時にはもう治まってしまっている、というケースもあるのが難しいところです。

このような場合でもより適切な診断に近づくために、ホルター心電図と呼ばれる検査があります。これは体に付けたしたまま日常生活が送れる、装着型の心電図計です。24時間から48時間心電図をつけたままにして生活し、もしその間に発作が起きれば、その瞬間の心電図を記録しておくことができます。このホルター心電図の検査を行っているかどうかというのは、病院探しの上で一つ参考となるかもしれません。


この病気でお困りの方

アダムスストークス症候群の発作は一時的である場合が多いですが、症状が続いている場合には、何らかの他の心臓病(心筋梗塞など)が隠れている可能性があります。病院につき次第、直ちにカテーテル検査などを含めた専門的な検査、治療が必要です。

逆に不整脈が治まっていて、症状がその時点では既にない場合、緊急治療は必要ありませんが、その後の治療を入念に検討する必要があります。治療法は不整脈ごとに異なるため詳細はそれぞれのページに譲りますが、大きく分けて、内服薬による治療、ペースメーカーによる治療、カテーテルによる治療(カテーテルアブレーション)といった種類のものがあります。ペースメーカーやカテーテル治療は小さな病院だと行えないことがありますので、受診先を検討する際には、このような治療が受けられるかどうかという点にも注意が必要です。





version 7.4(β)
本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
©Medley, Inc. All Rights Reserved.