ほうけい
包茎
見た目上、亀頭が包皮に覆われている状態。包皮をめくることが可能かどうかで真性包茎と仮性包茎に分けられる
5人の医師がチェック 58回の改訂 最終更新: 2018.10.13

包茎の種類について:真性包茎・仮性包茎・嵌頓包茎の違い

陰茎の亀頭が包皮から露出していない状態を包茎といいます。包茎には仮性包茎、真性包茎、嵌頓包茎の3種類があります。それぞれについて詳しく説明します。

1. 仮性包茎

普段は包皮によって亀頭が露出していなくても、手で包皮をむいて亀頭を露出できる状態を仮性包茎といいます。仮性包茎は正常な状態です。このため、問題が起こることはほとんどありません。このため仮性包茎そのものへの治療は必要ありません。見た目が気になる場合など美容的な理由で治療が行われることがあります。

仮性包茎はめったに問題が起きないのですが、一点だけ注意して欲しいことがあります。

仮性包茎はほとんどの時間、陰茎が包皮で被われているので、不潔になりやすいです。清潔を保つために、入浴時などには必ず包皮をむいて洗うようにしてください。

2. 真性包茎

真性包茎は包皮をむいて亀頭を露出できない状態のことで、包皮と陰茎の癒着が強いことが原因です。真性包茎は異常なのかというと、必ずしもそうではありません。

実は、生まれたときにはほぼ全員が真性包茎です。成長とともに陰茎と包皮の癒着がとれて、包皮がむけるようになり真性包茎の人は少なくなります。

真性包茎は無症状のこともあれば、排尿や性行為の支障になることもあります。症状が深刻な場合には治療が検討されます。(真性包茎の症状については「包茎の症状」で詳しく説明しているので参考にしてください。)

子どもの場合には、包皮を少しずつめくりながらステロイドが含まれた塗り薬を塗る治療を中心に行い、大人の場合には手術を行います。

治療については「包茎の治療」で詳しく説明しているので参考にしてください。

3. 嵌頓包茎

嵌頓包茎(かんとんほうけい)は包皮が陰茎を締めつけてしまった状態のことです。真性包茎や仮性包茎の人が無理に包皮をむいたときに起こることが多いです。

嵌頓包茎は、時間が経つと包皮のむくみがひどくなって締めつけが強くなり、陰茎に血が通わなくなってしまいます。この状態が長時間におよぶと陰茎の組織がダメージを受けて、性行為や排尿に影響を及ぼす後遺症につながる恐れがあるので、緊急で治療が必要です。具体的には陰茎を締めつけている包皮を手で元に戻します。これを用手的整復といいます。用手的整復で嵌頓包茎が治らない場合は、手術を検討します。

(手術の具体的な内容は「包茎の治療」で説明しているので参考にしてください。)

嵌頓包茎は長時間放置してしまうと治療が難しくなります。もし、嵌頓包茎を起こして自分で元に戻せなくなった場合は、早めに泌尿器科や救急科を受診して治療を受けてください。