ほうけい
包茎
見た目上、亀頭が包皮に覆われている状態。包皮をめくることが可能かどうかで真性包茎と仮性包茎に分けられる
5人の医師がチェック 58回の改訂 最終更新: 2018.10.13

包茎とは?種類・症状・検査・治療など

包茎はデリケートな問題で周囲の人に相談しづらいとよく耳にします。そのため、悩みや不安を感じやすいと思います。実は包茎は治療しなくてよいことが多く、正確な知識をもつことがとても大切です。ここでは包茎の種類や症状、検査、治療などについて説明していきます。

1. 包茎とはどんなものか?

包茎とは亀頭部〔陰茎(ペニス)の先端〕が包皮に被われて露出していない状態のことです。包茎には種類があります。

包皮を手でむくと亀頭が簡単に露出されるもの(仮性包茎)や、まったく包皮がむけないもの(真性包茎)、むいた包皮が陰茎を締め付けてしまうもの(嵌頓包茎)の3種類です。 包茎のなかには治療が必要なものとそうでないものがあります。 次にこの包茎の種類についてもう少し詳しく説明します。

2. 包茎の種類

復習になりますが、包茎には次の3つの種類があります。

  • 仮性包茎
  • 真性包茎
  • 嵌頓包茎

次にそれぞれについて詳しく説明します。

仮性包茎

仮性包茎は、普段包皮によって亀頭が被われていますが、手で包皮をむくと亀頭を露出することができます。仮性包茎の人に問題が起こることはほとんどないので、治療は必要ではありません。美容面などで気になる人は治療を受けることがあります。

真性包茎

真性包茎は、陰茎全体を包皮が覆っており、手で包皮をむいて亀頭を露出できない状態のことです。生まれたときにはほぼ全員が真性包茎ですが、成長とともに陰茎が大きくなり包皮との癒着がとれていくので、真性包茎の人は少なくなります。

子どもの真性包茎は成長とともに治ることが多いので、様子をみることが多いです。例外として、排尿のしにくさがあったり、感染を繰り返したりする場合には治療が検討されます。治療には、包皮を少しずつむきながらステロイドを塗る治療や手術があります。

大人の場合も子供と同様に、治療しなければならないわけではありません。排尿や性行為に支障がある人には治療が検討されます。子どもの真性包茎とは異なり、大人は陰茎の成長が止まっていることが多いので、手術で治療をします。

嵌頓包茎

嵌頓包茎(かんとんほうけい)は、むいた包皮が陰茎を締めつけてしまった状態です。真性包茎や仮性包茎の人が無理に包皮をめくろうとしたときに起こります。嵌頓包茎は、時間が経つと包皮のむくみがひどくなって締め付けがきつくなるので、早く治療をしなければなりません。具体的には陰茎の首を締めている包皮を手で元に戻します(用手的整復)。用手的整復で治らない場合は手術を検討します。

3. 包茎の症状

包茎のうち仮性包茎は無症状ですが、真性包茎や嵌頓包茎は次のような症状が現れることがあります。

  • 尿が出しづらくなる
  • 亀頭や包皮が赤くなったり痛くなったりする
  • 包皮が亀頭を締め付けて痛みが現れる

上で説明した症状がある場合は、包茎の治療が検討されます。このなかでも最後の「包皮が亀頭を締め付けて痛みが現れる」状態は、緊急で治療が必要なので特に注意してください。

症状については「包茎の症状」で、治療については「包茎の治療」で詳しく説明しているので参考にしてください。

4. 包茎の検査

包茎の検査は主に問診と身体診察の2つです。それぞれについて説明します。

問診

問診はお医者さんからの質問に対して答えていく形式の診察法です。患者さんの身体の状況や背景を確認するために問診は大切です。また問診では、困っていることについてより深くお医者さんから聞かれることもありますし、反対に悩みについて何でも話すこともできます。

ちなみに、お医者さんは包茎の人から次のような悩みを打ち明けられることがあります。

  • 美容面の悩み
    • 性行為中にパートナーに見せるのが恥ずかしい
    • 公衆浴場などで人目が気になる
  • 痛みや排尿に関する悩み
    • うまく排尿できない
    • 性交時に痛みがある
    • 射精がうまくできない
  • 包茎と病気の関係についての悩み
    • 包茎のために病気になるという不安がある
    • 包茎自体が病気だと思う

包茎の人の悩みは深いものです。一人で悩んでいると「絶対治療しなければいけない」という考えに陥りがちになるのですが、診察を受けると、お医者さんからは治療が必要でないと言われることもよくあります。まずは一人で背負い込まずに、自分の状態や悩みをお医者さんに相談してみてください。

身体診察

身体診察では主に包皮と陰茎の癒着の度合いが調べられます。これはお医者さんが手術の方法を決めるにあたってとても大切な情報です。具体的には、実際に包皮をむいてみてどの程度までむけるのかが調べられます。

包皮と陰茎の癒着が強い場合には背面切開術が選ばれ、包皮をむくことができる場合には環状切除術が選ばれます。

5. 包茎の治療

包茎の治療には薬物治療と手術の2つがあります。

薬物治療は主に子どもに行われるもので、自分または家族が少しずつ包皮をむいて、むいた部分にステロイドという成分を含んだ軟膏を塗布します。毎日続けることで亀頭が簡単に露出できるようになります。

ほとんどの大人は手術で治療をします。手術には2つの方法があり、包皮の先に切れ込みを入れる方法(背面切開術)と、余分な包皮を一周に渡って切り取る方法(環状切除術)の2つがあります。

治療についてさらに詳しく知りたい人は「包茎の治療」を参考にしてください。