[医師監修・作成]アセトン血性嘔吐症(周期性嘔吐症) | MEDLEY(メドレー)
あせとんけっしょうせいおうとしょう(しゅうきせいおうとしょう)
アセトン血性嘔吐症(周期性嘔吐症)
激しい嘔吐を繰り返す小児の病気で、周期性嘔吐症とも呼ばれる
11人の医師がチェック 73回の改訂 最終更新: 2020.12.23

アセトン血性嘔吐症(周期性嘔吐症)

アセトン血性嘔吐症(別名:周期性嘔吐症、自家中毒)は激しい嘔吐を繰り返す病気です。アセトンとは脂肪を分解してエネルギーとして使う際に生成される物質であり、嘔吐を引き起こす原因となると考えられているものです。主に子どもの病気ですが、大人になってから診断を受ける人もいます。

アセトン血性嘔吐症(周期性嘔吐症)はどのような病気なのか

アセトン血性嘔吐症(別名:周期性嘔吐症、自家中毒)は嘔吐が繰り返し起こる病気です。アセトンとは脂肪を分解してエネルギーとして使う際に生成される物質であり、嘔吐を引き起こす原因となると考えられているものです。主に子どもの病気ですが、大人になってから診断を受ける人もいます。

アセトン血性嘔吐症(周期性嘔吐症)の症状について:繰り返す嘔吐、眠気、腹痛、頭痛など

アセトン血性嘔吐症は激しい嘔吐を繰り返す病気です。加えて、眠気や腹痛などもよく現れます。ここでは、頭痛やめまいなどアセトン血性嘔吐症に合併しがちな病気の症状も合わせて説明します。

アセトン血性嘔吐症(周期性嘔吐症)の検査について:問診、身体診察、血液検査など

アセトン血性嘔吐症の診断には嘔吐時の状況が重要です。いつどのくらいの嘔吐があったかなど、受診時にお医者さんに詳しく伝えてください。また、血液検査や画像検査は、嘔吐の原因となる他の病気がないか確認するのに有用で、病状に応じて行われることがあります。嘔吐を繰り返していてアセトン血性嘔吐症かどうか心配な人は、15歳未満であれば小児科、15歳以上であれば内科や消化器内科などに相談をしてください。

アセトン血性嘔吐症(周期性嘔吐症)の治療について:水分と糖分の補給

アセトン血性嘔吐症は嘔吐を繰り返す病気です。疲れ果ててぐったりしてしまうほど吐くことが少なくありません。また、吐き続けることで、脱水症になってしまうこともあります。治療では脱水の改善をするとともに、糖分補給や吐き気どめの薬を使って症状を抑えます。

アセトン血性嘔吐症(周期性嘔吐症)に関して知っておくとよいこと:家庭でのケア、予防法など

アセトン血性嘔吐症(周期性嘔吐症)は嘔吐を繰り返す病気です。小さな子どもに起きやすく、激しく吐くことから心配になることが多いと思います。ここでは、受診すべき診療科や自宅でのケアの方法、予防法などについて説明します。