[医師監修・作成]白癬 | MEDLEY(メドレー)
はくせん
白癬
白癬菌(かびの一種)による皮膚感染症の総称
9人の医師がチェック 153回の改訂 最終更新: 2022.03.30

白癬

白癬は白癬菌と呼ばれる真菌(カビ)の一種が皮膚に感染することで起こります。足に生じる足白癬が「水虫」としてよく知られていますが、白癬菌は足以外の部位にも感染します。ここでは白癬の種類や症状、原因、診断方法、治療などについて説明します。

白癬(水虫・たむし)とは:種類、症状、原因、検査、治療など

白癬は白癬菌と呼ばれる真菌(カビ)の一種が皮膚に感染することで起こります。足に生じる足白癬が「水虫」としてよく知られていますが、白癬菌は足以外の部位にも感染します。ここでは白癬の種類や症状、原因、診断方法、治療などについて説明します。

白癬(水虫・たむし)の症状について:かゆみ、水ぶくれ、臭いなど

水虫ときくと、足の指の間がじゅくじゅくしてかゆくなる様子を思い浮かべる人が多いかもしれません。しかし、このような症状が起こるのは一部の人に限られ、乾燥したり発疹ができるタイプの水虫も多いです。水虫は白癬菌の感染によるもので、白癬菌は足だけでなく、頭、手、爪、股部にも感染を起こします。ここでは白癬で起こる症状について、部位別に詳しく説明します。

白癬(水虫・たむし)の原因について:白癬菌はどこでうつるか

白癬は真菌(カビ)の一種である白癬菌(皮膚糸状菌:ひふしじょうきん)が原因で起こります。皮膚に傷がある人や、免疫低下を起こしやすい糖尿病などの持病がある人は感染しやすくなります。ここでは白癬の原因となる白癬菌や感染経路について詳しく説明します。

白癬(水虫・たむし)の検査について

白癬(水虫・たむし)を見た目だけで判断することは難しいです。診断のためには症状のある皮膚を一部切り取って、白癬菌の有無を顕微鏡で確認する必要があります。ここでは白癬が疑われる人が受ける検査について詳しく説明します。

白癬(水虫・たむし)の治療について

白癬の人には薬物治療が行われます。症状の軽い足白癬の場合は外用薬のみを使い、それ以外のほとんどの場合で内服薬を併用します。治療をはじめると症状は速やかに改善しますが白癬菌はすぐには排除されません。症状がなくなったからといって薬を中止せず、指示された期間根気よく治療を続けることが重要です。ここでは処方薬に加え市販薬の治療についても詳しく説明します。

白癬(水虫・たむし)の人が知っておいたほうが良いこと:予防や対策など

家族や自分が白癬(水虫・たむし)になったら、周りにうつるのではないか、治らないのではないかなど気になることが出てくると思います。ここでは、生活に関わる疑問をはじめ、治療の注意点や予防方法など、白癬になった人が知っておくとよいことについて詳しく説明します。