ばるさるばどうどうみゃくりゅう
バルサルバ洞動脈瘤
心臓から全身へ血液を送り出す大動脈の根元の膨らみ(バルサルバ洞)にできた血管のこぶ。こぶが破れると大出血を起こす
7人の医師がチェック 98回の改訂 最終更新: 2017.07.21

バルサルバ洞動脈瘤の基礎知識

POINT バルサルバ洞動脈瘤とは

バルサルバ洞動脈瘤は上行大動脈の根元にあるバルサルバ洞に血管のこぶができた病気です。心室中隔欠損症や大動脈弁閉鎖不全症を合併することが多いです。動脈瘤が破裂しなければ症状は出ませんが、破裂すると胸痛・呼吸困難感・失神などが起こります。 症状や身体診察に加えて、心電図検査や心臓エコー検査を用いて診断します。治療は手術を行うことが基本です。バルサルバ洞動脈瘤が心配な人や治療したい人は、循環器内科や心臓血管外科、小児科を受診して下さい。

バルサルバ洞動脈瘤について

  • 心臓から全身へ血液を送り出す大動脈の根元の膨らみ(バルサルバ洞)にできた血管のこぶ
  • 心室中隔欠損症大動脈弁閉鎖不全症合併することが多い
  • 患者の男女比は3:1で男のほうが多い
  • 小児慢性特定疾病の一つである

バルサルバ洞動脈瘤の症状

  • 動脈瘤が破れなければ基本的に症状は出ない
  • 動脈瘤が破れて出血した場合の主な症状

バルサルバ洞動脈瘤の検査・診断

  • 動脈瘤が破れてから見つかることも多い
  • 心臓の動きや大きさなどを調べる
    • 心電図検査
    • 心臓超音波検査
    • 胸部レントゲン検査
  • 必要に応じて心臓カテーテル検査でより詳しい検査を行う

バルサルバ洞動脈瘤の治療法

  • 手術によって治療を行う
    • 動脈瘤を切除し、心室中隔欠損症大動脈閉鎖不全症がある場合はそれらに対する治療も行う
  • 動脈瘤が破れた場合は、血管を治療する緊急手術を行う
  • 未破裂の時点で見つかった場合は動脈瘤の大きさや全身の状態、年齢などから総合的に判断して手術を行うかどうかを決める


バルサルバ洞動脈瘤のタグ


バルサルバ洞動脈瘤に関わるからだの部位


MEDLEYニュース新着記事